FC2ブログ

憲法9条

2015.09.20.01:12

01 300 US poster in war

 

「あれっ、この英文どこが変なの?」:Japanized English?

40年間に渡ってLLシホヤ新井教室、M-PEC講座等で書きとめておいた「LL生徒や私が間違えた表現」をご一緒に考えましょう。

Let’s try to find queer or wrong expressions we Japanese easily mistake, shall we?

 

 

「このサイトは宣伝だらけです。」は、“This site is full of store propaganda.”  --- ???

…答えは一番下にございます。

 

 

🌙🌗🌑

憲法9条には集団的自衛権は存在しないのでは?:私見

Yoshy’s Opinion: Japan Has Right of Collective Self-defense in Article 9 of the Constitution?

🌙🌗🌑

 

02 500 20150919 安保法案採決onTV

 

戦争当時者には、敵と味方しかいません。後方支援だから自衛隊は安全? 敵の友達は敵! ―それよりも、どんな事情であれ、「自衛隊が武力行使できる」- 919()未明に可決された、この安保関連法案は、「憲法9条」に違反しています。-高校入試でも、こんな簡単な国語の問題は出題されないでしょうね。

There must be only two sides: friends and enemies during war. *Logistic support would make Self-Defense Force safe? His enemy's friend is also his enemy! – Meanwhile, no matter what conditions, “Self-Defense Force could use force”, couldn’t it? – Japan-US Security Treaty related Bills passed before dawn on Saturday, September 19th *renege on “the article 9 of Japanese Constitution.” – Even in high school entrance exams as a test of the language of Japanese, we couldn’t find such an easy and simple question, I believe.

*logistic [loʊdʒístɪk](a) 兵站の  *renage [rɪníg] on~:~に違反する

 

 
03 300 Marine Self-Defence Force

 

政治の話題はめったなことでは書きませんが、教育者の端くれの一人として取り上げました。 (民間の、LLシホヤ新井教室講師だから書けるのでしょうね。)

40年間で、LL卒業生の内、自衛隊員になられた教え子が5名おられます。

I’ve rarely drag politics here, but I do though I’m not much of an educator. (I could do because I’m not a public educator but an instructor of PRIVATE LL Shihoya Arai School.)

BTW, five ex-students became Self-Defense Forces *personnel in LL past four decade.

*personnel [p`ɚːsənél]:隊員、兵員、社員

 


04 500 日本国政治形態図 

 

以下、ウィキペディアに、「第9条公式英文」がありますので、改めて条文をかみしめてみます。注釈(*) は、遠藤由明です。

You are able to read “the formal text of the article 9” on the site of Wikipedia as follows. Let me confirm the text written in English and Japanese. Annotation is added by Yoshy (Yoshiaki Endo).

 

 

 

The full text of the article in Japanese:

日本語:

第九条 

  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

 

二 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 

 

The official English translation of the article is:

公式英語訳文:

ARTICLE 9.

(1) *Aspiring sincerely to an international peace *based on justice and order, the Japanese people forever *renounce war as a *sovereign right of the nation and the *threat or *use of force as *means of settling international *disputes.

*aspire [əspάɪɚ](vi) 熱望する *based on~:~を基調とした  *renounce [rɪnάʊns](vt) 放棄する  *sovereign [sάv(ə)rən](a) 主権を有する  *threat [θrét]:脅し、脅迫  *use of force :武力の行使  *means:手段  *dispute [dɪspjúːt]:論争、紛争

 


(2) To accomplish the aim of the preceding paragraph, land, sea, and air forces, as well as other war *potential, will never be *maintained. The right of *belligerency of the state will not be *recognized.

*potential [pəténʃəl]:可能性、潜在性  *maintain [meɪntéɪn](vt) 維持する、保持する *belligerency [bəlídʒ(ə)rənsi]:交戦状態、交戦国であること  *recognize [rékəgnὰɪz](vt) 認める、承認する

 

 

 

The official English translation of the entire constitution is available on the website of the Cabinet Office.

日本国憲法全文の公式英語訳は、首相官邸サイト (上記)の中でご覧いただけます。

 

****************

実用英語教室・LLシホヤ新井教室!

 

3歳児~小、中、高校生はもちろん、国籍や年齢、英語力不問:成人様、英語科教員等も対象です。英検準1級クラスまでございます。

 

2015: 新年度募集要項等は、HEREここを クリックなさってください。

 

最新の「LL Shihoya News」は The latest “LL Shihoya News” is available to read by clickingHEREここを クリックなさってください。

 

お気軽にお問い合わせ、お申し込み下さいますようお願い申し上げます。

If you need more information, call LL Shihoya Arai Schoolお電話、イーメールでのお問い合わせ(日本語、英語:OK) は、For inquiries by phone or e-mail in English or Japanese0255-72-2025 or click メールにてお願いいたします。(個人情報保護機能付き:Personal data in this e-mailing is protected.)

 

 

****************

Welcome to M-PEC「月例講座」!

(講座の1週間前までにブログや下記のサイトで)、活動過去記録等のご紹介は、Information of YEA : Yoshy’s Monthly English Activity, Records of “M-PEC” ( + Advance Billing is going to be written by a week before the DAY in both this Blog and the site below.), etc. by clickingHereここをクリックなさってください。

 

 

初めての方大歓迎!年会費は徴収していません。資料代の500円のみ。

Welcoming to the first visitors, too! You pay 500 yen as a monthly material fee only.

 

次回講座は、1010(), 7:00-9:00 pmLL教室でお問い合わせとお申し込みは108()までにお電話、イーメールでのお問い合わせ (日本語、英語:OK) は、For inquiries by phone or e-mail in English or Japanese0255-72-2025 or click メールにてお願いいたします。(個人情報保護機能付き:Personal data in this e-mailing is protected.)

 

 

「このサイトは宣伝だらけです。」は、“This site is full of store propaganda.”  --- ???

…正しい英文は…

答え:This site is full of store advertisements.

“propaganda”は、政治用語で主義主張の「宣伝」、商品の宣伝は、an advertisement (an ad)です。This site is all ads. (このサイトは宣伝だらけです。)

和製英語で、「PRする」と言いますが、PR = public relations (広報、広報活動)のことです。

 

 

ホームページ:www.shihoya.com の目次には、()志保屋書店、よりみちCaféLL英語教室、Myoko Powerful English Club (M-PEC)、英語の雑学などたくさんの目次がございます。

Would you mind clicking the above URL, Yoshy’s main Home Page? It includes lots of such interesting contents as Shihoya Bookstore, Café Corner, LL Shihoya Arai School, M-PEC, and Trivia in English, etc.

 

外部からの画像は、公開再使用許可済みのものです。

These exterior pictures attached here are permitted to public for reuse.

この拙い英訳ブログ作業はヨッシーの英語力精進と外国友人への近況報告のためです。常時、友人ネイティブ数名が検査して下さっておられ、誤表記の場合は即「訂正」記事を書いています。

This poor translation into English is for both brushing up Yoshy’s proficiency and telling updates to my foreign friends. Yoshy’s several foreign friends are always checking this blog; wrong expressions found, an article of “Correction” has been uploaded here.

英文中、英検2級レベル以上の語彙や表現には、* (星印)で注釈をつけています。

In this blog, Yoshy adds * (asterisk) at the vocabulary and expressions whose level are Eiken 2nd and over, and writes its explanation.

スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

Shihoya

Author:Shihoya

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク