FC2ブログ

TBW 008 a blazing sunset

2018.02.28.00:00

PR 主に、こども:幼児・子供~小学生を募集対象とした、妙高市の、実用英語教室・LLシホヤ新井教室は、習熟度別クラス編成で、実用英検取得に重点を置いて指導しています。5級~準1級学習までのクラスがございますので、中高生~成人の皆様も、ご相談ください。詳細はHERE:ここをクリックなさってください。

 

 

国内外の友人へ一言近況:Yoshy’s Brief Updates to my Friends at Home and Abroad

 

周辺は、雪が解けて歩きやすくなってきています。

It’s getting easier to walk on the road because snow is rapidly melting around here.

 

<日陰の西出入口の雪も、もうすぐ消えます.The snow in the shade, on the west entrance path to LL Shihoya Arai School will melt away soon.>

 


01a 500 20180227 02 雪解け教室西口 


 

 

<上町駐車場脇の用水路が水蒸気で凹んできました. 文化ホール方向The snow on the irrigation canal beside Kanmachi PL has become less by its vapor power. Toward Culture Hall>

 


01b 500 20180227 01凹む用水路 

 

 


<LL菜園のラベンダーの生命力は、雪を解かしています.Lavenders’ vital power is melting snow at LL-garden.>

 


01c 500 20180227 03 lavender power 

 

 


 

 

ひとり言:Yoshy’s Soliloquy

 

「文芸妙高第36号」が発行されました。志保屋書店にございます。1冊、1,100 (税込み)です。私の大先輩、荒井 豊先生の随筆、「ものの怪()」が掲載されています。実話ですから、怖いですよ~。先生の教え子の女子高生達が読んだら、キャーっと、悲鳴を上げますね。売ってよいものかどうか迷っています。201611月に完成した「百人一首英訳」は、荒井先生のお知恵をお借りしました。「百人一首英訳」は、HERE:ここをクリックなさってください。

 

Bungei-Myoko: Literary Works in Myoko, No.36” is published and sold in Shihoya Bookstore. A copy costs 1,100 yen (including tax). The essay written by Mr. Yutaka Arai, one of my friends of far more experience than I, is printed in there. The title is “Mononoke: Ghosts”, which is very scared because it’s a non-fiction essay. If Mr. Arai’s students, high school girls read it, I’m sure all of them would let out a scream! – Now, I’m wondering whether we should sell it or not. Mr. Arai helped me to give many pieces of good advice while I was enjoying “an English Translation of One Hundred Poems by One Hundred Poets”, which was accomplished in November, 2016. You can see it by clicking the above site.

 

<文芸妙高36表紙:The cover of Literary Works in Myoko, No.36>

 

02 500 文芸妙高36号 

 

 


 

 

「えっ、この英文どこが変なの?」:Japanized English?

40年間以上に渡ってLLシホヤ新井教室、M-PEC講座等で書きとめておいた「LL生徒や私が間違えた表現」をご一緒に考えましょう。

I’ve got lots of “special and interesting expressions some students and I used once”, which I’ve made a note of in my daily LL-lessons for more than forty years. Let’s try to find queer or wrong expressions we Japanese easily mistake, shall we?

 

「子猫の話はやめよう.」-「うん、代わりに子犬の話をしよう.」は、“Let’s not talk about kittens.” – “Yes, let’s. Let’s talk about puppies, instead.”  --- ???

…答えは一番下にございます。Scroll down to see this answer.

 

<A kitten kissing a puppy: フリー画像 Permission to Use.>

 

03 500 kitten kisses puppy 

 

 


 

🌙🌗🌑

カナダより, ティム・ビービの世界:TBW-008

Tim Beebe’s World from Canadaserial

🌙🌗🌑

 

ティムは、1986年に私の前に彗星のように現れ、1988年に去って行きました。N様のお蔭で、2018128()、彼からの嬉しいメールが届きました。現在、オンタリオ消防大学で消防士を育成しています。彼の過去のブログを読んで、そのきらめく才能の中で、私は、彼の「英語の俳句」に感動しています。このように時々 (気の向くままに)「ティム・ビービの世界」をご紹介いたします。保管先は、HERE:ここをクリックなさってください。

 

One of my good friends, Mr. Tim Beebe, who appeared in front of me in 1986 and left me in 1988 like a comet. Thanks to Ms. N, his happy email arrived at me. He is now working as a fire instructor for the Ontario Fire College training firefighters. After briefly reading his two kinds of BLOG, I’m surprised at his brilliant talent for writing and particularly moved by “Haiku in English”. Well, let me sometimes (whenever I wish) introduce “Tim Beebe’s World” like this. I’ll put some TBWs in my Home Page. (Click the site above.)

 

 

<ティムの「英語俳句と画像: 夕日のスペリオル・湖畔 on 2016229日」:Tim’s “haiku with picture beside Lake Superior in the sunset” on Monday, February 29, 2016From Tim Beebe’s Blog>

 


04 500 20160229 A blazing sunset 


 

 

 

A blazing sunset

Over peaceful Gichigami . . .

The ice catches fire

 

 

 

*blazing [bléɪzɪŋ](a) 焼けつくような、眩(まばゆ)

*Gichigami “The Gichigami State Trail” is a multi-use recreational trail in development along the North Shore of Lake Superior in Minnesota, USA. Planned to extend 88 miles (142 km) from Two Harbors to Grand Marais, the trail currently comprises five unconnected segments. The route will be situated primarily along state-owned *right-of-way for Minnesota State Highway 61, with deviations for greater scenic diversity. "Gichigami" is an Anglicization of the name for Lake Superior in the Ojibwe language. <From Wikipedia in English>

 

*right-of-way:優先通行権

*「ギチガミ・州立遊歩道」は、米国ミネソタ州スペリオル湖の北部岸沿いに開発中の、多目的レクリエーションコースです。トゥー・ハーバーからグランド・マレーへ88マイル(142km)延びる予定のこのコースは、現在5つの未接続セグメント(区分地区)で構成されています。このルートは、ミネソタ州ハイウェイNo. 61の国有権に沿って主に位置し、景色の多様性が逸脱しています。「ギチガミ」とは、オジベウ語でスペリオル湖のことです。

 

 

 

Literal Translation: from Tim’s English haiku into Japanese:ティムの英語俳句を日本語に直訳》

 

燃えるような夕陽が

穏やかなギチガミを覆(おお)っている

氷の山が火を受けている

 

 

💛Yoshy’s Japanese Haiku After Tasting Tim’s English One with the Photograph taken by him:ティムの英語俳句と、彼が撮影した写真画像を鑑賞後の、遠藤の日本語俳句》

 

 

氷燃ゆ

ギチガミ静か

寒茜

 

 

<季語 ():「寒茜:kan-akane」:The Season Word (winter) : “*crimson colored sunset in winter”>

*crimson [krímzn](a, un) 深紅色()、茜色()

 

 

 

The Above Written in Phonogram:表音文字表記 + Literal Translation:直訳》

 

Koori moyu

(The ice is burning.)

Gichigami shizuka

(Lake Superior is calm,)

Kan-akane

(In the crimson evening of winter.)

 

 

 

💛Free Translation: from Yoshy’s Japanese Haiku into free J&E:遠藤の俳句を和英で意訳》

 

冬の静かなスペリオル湖は、夕闇の深紅が強力過ぎて、氷さえ燃えているようだ。

 

Looking at the calm Superior’s sunset in winter, the color of crimson is so powerful that even ice-blocks looks burning.


 

 

 

 

 

 

##

幼児、子供、小学、中学、高校~成人対象

習熟度別・実用英語教室・LLシホヤ新井教室!

4月開講・体験レッスン受け付け中!

 

お気軽にお問い合わせ、お申し込み下さいますようお願い申し上げます。

お電話、イーメールでのお問い合わせ(日本語、英語:OK) は、0255-72-2025 または: メールにてお願いいたします。(個人情報保護機能付き.)

 

2018年度・募集要項は、HERE:ここを クリックなさってください。

最新の「LL Shihoya News」は HERE:ここを クリックなさってください。

 

 

 

 

 

 

 

##

Welcome to YEA of M-PEC「月例講座」!

The year of 2018 is the 12th Anniversary of M-PEC! 2018年度はお陰様で12周年!

(講座の1週間前までにブログや下記のサイトで)、活動過去記録等のご紹介は、Information of YEA : Yoshy’s Monthly English Activity, Records of “M-PEC” ( + Advance Billing is going to be written by a week before the DAY in both this Blog and the site below.), etc. by clickingHereここをクリックなさってください。

 

●月例講座は、毎月第3土曜日です。

YEA is held on the 3rd Saturday every month.

 

初めての方大歓迎!年会費は徴収していません。資料代の500円のみ。

Welcoming to the first visitors, too! You pay 500 yen as a monthly material fee only.

317(), March 17th (Sat) Lesson at 7:00-9:00 pmLL教室でお問い合わせとお申し込みは315()までにお電話、イーメールでのお問い合わせ (日本語、英語:OK) は、For inquiries by phone or e-mail in English or Japanese by March 15th0255-72-2025 or click メールにてお願いいたします。(個人情報保護機能付き:Personal data in this e-mailing is protected.)

 

 

 

 

 

「子猫の話はやめよう.」-「うん、代わりに子犬の話をしよう.」は、“Let’s not talk about kittens.” – “Yes, let’s. Let’s talk about puppies, instead.”  --- ???

答え:No, let’s not.

 

日本語の「うん、はい」は、英語の場合、「動詞()の肯定、否定形」に一致します。

この場合、 “not talk”(否定形)に対しての賛成ですので、 “No, …”となります。

E.g. “Would you mind if you share a table?”

 (相席してもよろしいでしょうか?) ⇒「ええ、いいですよ.」は、 “Yes.” or “No.”

動詞は、 “mind”:「気にする」で、「肯定形」での質問です。

 

直訳すると、「あなたがテーブルを分かち合ってくれるかどうかを、気になさいますか?」と、尋ねていますので…

この場合の「はい」は、 “Yes” =「はい、気にします.」で、×。

「はい、気にしません.なので、 “No”が正解です。

 

<Thanks for sharing a table with me. (相席、ワンだふる!) From Flickr>

 

08 500 sgare a table dog 


 

 

💛 おまけ:Addition

 

“share”(vt, vi) 分かち合う、共有する:他動詞としての使い方には、SVOしかありませんので、SVOOの使い方はしません。(間違っても、通じますけどね.)

 

E.g. :「彼女は、私に焼き芋を分けてくれました.」は、

“She shared yaki-imo, a baked sweet potato with me.”

“She shared me yaki-imo, a sweet potato.

 

<Yaki-imo, Baked sweet potato: フリー画像 Permission to Use.>

 

09 500 baked sweet potato 

 

 

 

 

 


 

ホームページ:www.shihoya.com の目次には、()志保屋書店、LL英語教室、Myoko Powerful English Club (M-PEC)、英語の雑学などたくさんの目次がございます。Would you mind clicking the above URL, Yoshy’s main Home Page? It includes lots of such interesting contents as Shihoya Bookstore, LL Shihoya Arai School, M-PEC, and Trivia in English, etc.

 

外部からの画像は、公開再使用許可済みのものです。These exterior pictures attached here are permitted to public for reuse.

この拙い英訳ブログ作業はヨッシーの英語力精進と外国友人への近況報告のためです。常時、友人ネイティブ数名が検査して下さっておられ、誤表記の場合は即「訂正」記事を書いています。This poor translation into English is for both brushing up Yoshy’s proficiency and telling updates to my foreign friends. Yoshy’s several foreign friends are always checking this blog; wrong expressions found, an article of “Correction” has been uploaded here.

英文中、英検2級レベル以上の語彙や表現には、* (星印)で注釈をつけています。In this blog, Yoshy adds * (asterisks) at the vocabularies and expressions whose levels are Eiken 2nd and over, and writes their explanations.

スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

Shihoya

Author:Shihoya

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク