FC2ブログ

英検メールマガジン 130 Br vs. Am English

PR LLシホヤ新井教室は、体験レッスン実施中!主に、こども:幼児・子供~小学生を募集対象とした、妙高市の、実用英語教室・LLシホヤ新井教室は、習熟度別クラス編成で、実用英検取得に重点を置いて指導しています。5級~準1級学習までのクラスがございますので、中高生~成人の皆様も、ご相談ください。詳細はHERE:ここをクリックなさってください。

 

 

ひとり言:Yoshy’s Soliloquy

《テレビで見て:After Watching It on TV

 

63()、夕食後、テレビで、ニュース番組:「真相報道・バンキシャ」を見ていました。専門家のゲストが、ほとんど毎回違っていて、少ないテーマに絞って、深く掘り下げて下さる良質な番組です。ただ、あの黄色のベンチ風の長椅子が気に入りません。病院の待合室を思い出します。原稿があろうとなかろうと、机かテーブルに向かってお話しくださる方が、落ち着いて見ていられるのは、私だけでしょうか?

私が、ゲスト・コメンテイターに招かれても、お断りいたします。呼ばれるわけはないけれど… ()

 

On June 3 (Sun), after dinner, on TV, I was watching a news program: "True news · Banksia". Expert guests are almost different every time, focusing on a few themes, deeply digging. I think it’s one of good quality programs. But I don’t like that yellow soft touched bench, which reminds me of the waiting room in a hospital. Whether there is a manuscript with them or not, is it only me who prefer the style of using a desk or a table?
Even if I was invited to a guest commentator, I will refuse the proposal. There is no way I could be invited ...

 

<1a: ABC News and Talk: From Flickr>

 

01a 500 ABC News 


 


 

<1b: 外来待合室:A waiting room for out-patients in a hospital : This picture is from Wikimedia Commons.>

 

01b 300 外来待合室 

 

 


 

 

日米が目指す非核化の原則CVIDって何の略?What does CVID stand for?

…答えは一番下にございます。Scroll down to the bottom to see this answer.

 

<3a: ドイツ、ケルン市にある「広島長崎公園の標識」: フリー画像 Permission to Use>

 

03a 500 Hiroshima Nagasaki Park ドイツ ケルン 

 

 

 

 

<3b: 2016527日、バラク・オバマ44代米国大統領が持参した折り鶴:This picture is from Wikimedia Commons.>

 

03b 500 折り鶴 by Obama 20160527 

 

 

 

 

 

🌙🌗🌑

Eiken Mail Magazine vol.130
英検メールマガジン #130

🌙🌗🌑

 

<今回は、英検2級レベルです.Level = 2nd of Eiken>

**********

さて、このメールマガジン執筆者は、「実用英検問題を作成なさっておられる優秀な先生」だと思いますので、ヨッシーにとっても、このブログの読者にとっても、英文表現の良いお手本になることでしょう。感謝します。和訳と注釈はヨッシーです。

The writer of this Eiken Mail Magazine, I guess, must be “an excellent staff making tests of Eiken, English Testing by STEP: The Society for Testing English Proficiency”. So this essay would be a good example for both my blog readers and me. Thank you very much.

Translation by YoshyYoshiaki Endo

 

 

June 2018

20186

 

One day when I was discussing the differences between British and American English with a British friend of mine, I compared the pronunciation of “r” after a vowel, as in “hard” or “were,” explaining that it was typically dropped or pronounced less strongly in the UK. “It’s just that it’s not necessary. It’s the result of a kind of evolution. Our English is more advanced than theirs, you know,” he said with a *mischievous wink. I thought to myself, “American English is *lagging behind British? It sounds like British people are just showing their pride in their *bygone glory days.” Recently, however, I have *come to think his comments might be reasonable. 

*mischievous [místʃɪvəs](a) 悪戯(いたずら)好きな、茶目っ気のある  *lag [lˈæg](vi) のろのろ歩く、遅れる  *bygone [báɪɡɔ̀n](a) 過去の、昔の (un: 複数形で) <Let bygones be bygones. : () 過去は過去、過去のことは水に流せ>  *come to (do):するようになる

 

ある日、英国人と米国人の英語の違いを、私の英国人の友人と話し合っていた時、“hard” [hɑ'ːrd]や、“were” [wə'ːr] のような、母音の後の “r” の発音を比較しました。とりわけ英国では、脱落するか、より弱く発音することを引き合いに出しました。「無用だというだけのことですよ。これは一種の進化の結果です。私達の英語は、他の言語よりも進歩している結果ですよ.」彼は茶目っ気のあるウインクをしながら言いました。私は静かに考えました、「米語が英語より遅れている?英国の人々が、過ぎ去った栄光の日々の誇りを見せているように聞こえる.」と。しかし、最近、私は彼の批評が、合理的かも知れないと思うようになりました。

 


A while ago, I had a chance to listen to a lecture by a
*linguist who *referred to a field of study known as linguistic *geography. When describing this field, he introduced an inspiring theory presented by Kunio Yanagita, a pioneering *folklorist in Japan. When Yanagita researched Japanese dialects, he discovered that very similar expressions were sometimes used in *remote regions that were geographically very far from each other.

 

*linguist [líŋgwɪst](cn) 言語学者、外国語に秀でた人  *refer to [rɪfˈɚː](vt) 引き合いに出す、言及する  *geography [dʒiάgrəfi](un) 地理学、地勢  *folklorist [fóʊklɔ̀ːrɪst](cn) 民俗学者 <folklore [fóʊklɔ̀ːr]:民俗学>  *remote [rɪʊt](a) 辺鄙(へんぴ)な、遠く離れた、遥か昔の

 

暫く前に、言語地理学として知られる研究分野を言及した、ある言語学者の講義を聴く機会がありました。この分野を説明する時、彼は日本の先駆的な民俗学者である柳田國男 (やなぎたくにお) が提示した啓発的な理論を紹介しました。柳田は日本の方言を研究した時、地理的に辺鄙(へんぴ)な遠隔地でも、非常によく似た表現が使われることがあることを発見しました。

 


This phenomenon is particularly *apparent when looking at the different Japanese words for “snail,” such as katatsumuri, dedemushi (or dendenmushi), and maimai. According to Yanagita, mapping the use of each of these words results in a pattern of concentric circles with the ancient capital Kyoto as the central point. He theorized that long ago, usage of a word coined in the capital would slowly spread in all directions. By the time it had become common in distant areas decades or centuries later, it may have been replaced by a different word in Kyoto, which *in turn was starting to be *dispersed. Thus, words that seem to be part of a regional dialect could have been standard Japanese in older days.

*apparent [əpˈærənt](a) 明白な  *in turn:次々に、順番に  *disperse [dɪspˈɚːs](vt) 散乱させる、撒き散らす、分光する

 

この現象は、 “snail”に対する、カタツムリ、デデムシ、(又は、デンデンムシ)とか、マイマイなどの異なった日本語を観ると、特に明白です。柳田によれば、これらの言葉のそれぞれの使用を地図上に置くことで、古代の首都だった京都を中心点とする同心円の模式図となるのです。彼はずっと前にそれを理論化しました、首都で造られた言葉の使用は、ゆっくりとあらゆる方向に散らばって行ったのです。何十年か何世紀後に遠く離れた地域で共通するようになった時には、それは京都の言葉とは違った言葉に置き換えられた可能性があるのです。したがって、地域の方言の一部であると思われる単語は、古くは標準的な日本語であった可能性があるのです。

 


Since English started to become the
*dominant language in the US, immigrants from many different countries have struggled to master it in its established form. Meanwhile, native English speakers in the UK have added to the language or changed it freely. As my friend suggested, some of the differences between British and American English might be the *outcome of this *refinement.

*dominant [dάmənənt](a) 支配的な、優勢な  *outcome ʊtk`ʌm](cn) 結果、成果*refinement [rifáinmənt](un) 上品、優雅、洗練

 

米国では英語が支配的な言語になり始めて以来、多くの異なる国からの移民達が、その確立された形での英語を習得するのに苦労しています。一方、英国のネイティブスピーカーは、その言語に、追加したり自由に変更したりしているのです。私の友人が示唆しているように、英米語のいくつかの違いがこのような洗練された結果なのかも知れません。

 

 


Best regards,
Eiken Mail Magazine Editor

<4a: 柳田國男 Kunio YanagitaFrom Wikipedia>

 

04a 300 柳田國男 

 

 

 

 

<4b: British – American English: From Flickr>

 

04b 600 B-A English01 

 


 

<4c: British – American English: From Flickr>

 

04c 600 B-A English02 

 

 

 

 

<4d: Chelsea, London in England, Spelling Lesson, 1912: This picture is from Wikimedia Commons.> Chelsea [tʃɛ́lsi] :チェルシー地区

 

04d 600 Spelling Lesson 

 

 

 

 

 

 

 

 

##

幼児、子供、小学、中学、高校~成人対象

習熟度別・実用英語教室・LLシホヤ新井教室!

無料体験レッスン常時受け付け中!

 

お気軽にお問い合わせ、お申し込み下さいますようお願い申し上げます。

お電話、イーメールでのお問い合わせ(日本語、英語:OK) は、0255-72-2025 または: メールにてお願いいたします。(個人情報保護機能付き.)

 

2018年度・募集要項は、HERE:ここを クリックなさってください。

最新の「LL Shihoya News」は HERE:ここを クリックなさってください。

 

 

 

 

 

 

 

##

Welcome to YEA of M-PEC「月例講座」!

The year of 2018 is the 12th Anniversary of M-PEC! 2018年度はお陰様で12周年!

(講座の1週間前までにブログや下記のサイトで)、活動過去記録等のご紹介は、Information of YEA : Yoshy’s Monthly English Activity, Records of “M-PEC” ( + Advance Billing is going to be written by a week before the DAY in both this Blog and the site below.), etc. by clickingHereここをクリックなさってください。

 

月例講座は、毎月第3土曜日です。

YEA is held on the 3rd Saturday every month.

 

初めての方大歓迎!年会費は徴収していません。資料代の500円のみ。

Welcoming to the first visitors, too! You pay 500 yen as a monthly material fee only.

616(), June 16th (Sat) Lesson at 7:00-9:00 pmLL教室でお問い合わせとお申し込みは614()までにお電話、イーメールでのお問い合わせ (日本語、英語:OK) は、For inquiries by phone or e-mail in English or Japanese by June 14th0255-72-2025 or click メールにてお願いいたします。(個人情報保護機能付き:Personal data in this e-mailing is protected.)

 

 

 

 

 

日米が目指す非核化の原則CVIDって何の略?What does CVID stand for?

答え:

米朝会談で、拉致問題の解決と、北朝鮮がこのCVIDを受諾すると良いのですが祈りたい気持ちです。

 

At coming US-North Korea Summit Meeting, wishing the *abduction issue would be solved and this CVID would be accepted by North Korea! … I’d like to deeply pray.

 

*abduction [æbdˈʌkʃən](un) 誘拐、拉致 <abductee [æbdʌ̀ktí]:拉致被害者> (kidnappingは、営利誘拐に多く使われます.)

「完全な」:Complete

「検証可能な」:Verifiable

「不可逆的な」:Irreversible

「非核化」:Denuclearization


 

 

<9a: Japanese Prime Minister, Shinzo Abe and POTUS (President of the United States) Donald Trump meeting relatives of Japanese citizens who were abducted by North Korean agents inside Akasaka Palace on 6 Nov, 2017: This picture’s Author: 内閣官房内閣広報室 Via Wikimedia Commons.>

 


09b 500 20171106 拉致被害者家族 Trump Abe 

 

 


 

 

 

 

ホームページ:www.shihoya.com の目次には、()志保屋書店、LL英語教室、Myoko Powerful English Club (M-PEC)、英語の雑学などたくさんの目次がございます。Would you mind clicking the above URL, Yoshy’s main Home Page? It includes lots of such interesting contents as Shihoya Bookstore, LL Shihoya Arai School, M-PEC, and Trivia in English, etc.

 

外部からの画像は、公開再使用許可済みのものです。These exterior pictures attached here are permitted to public for reuse.

この拙い英訳ブログ作業はヨッシーの英語力精進と外国友人への近況報告のためです。常時、友人ネイティブ数名が検査して下さっておられ、誤表記の場合は即「訂正」記事を書いています。This poor translation into English is for both brushing up Yoshy’s proficiency and telling updates to my foreign friends. Yoshy’s several foreign friends are always checking this blog; wrong expressions found, an article of “Correction” has been uploaded here.

英文中、英検2級レベル以上の語彙や表現には、* (星印)で注釈をつけています。In this blog, Yoshy adds * (asterisks) at the vocabularies and expressions whose levels are Eiken 2nd and over, and writes their explanations.

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

Shihoya

Author:Shihoya

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク