FC2ブログ

TBW 030

PR LLシホヤ新井教室は、体験レッスン実施中!主に、こども:幼児・子供~小学生を募集対象とした、妙高市の、実用英語教室・LLシホヤ新井教室は、習熟度別クラス編成で、実用英検取得に重点を置いて指導しています。5級~準1級学習までのクラスがございますので、中高生~成人の皆様も、ご相談ください。詳細はHERE:ここをクリックなさってください。

 

 

ひとり言:Yoshy’s Soliloquy

 

今どきの子供たちは、木登りをしないことは分かっています. LL生徒たちに、「柿の木に登って柿の実を取りたいと思わないの?」-「思ったこともないよ.」、「叱られるぜ.」、「柿ならスーパーでお母さんが買うよ.愚問でした. 残念だけれど、子供たちの心の逞しさがどんどん減退しています.

 

I know modern kids cannot try to climb a tree at all, but I asked some LL students like this … “Don’t you want to climb a tree to get persimmons?” “I’ve never thought of that.”,  “We’ll be scolded.”, “My mum will buy persimmons at a supermarket.” … Yah! That question was very stupid. I'm sorry, but children’s mental strength has been increasing, I believe.

 

<2a: Kids climbing trees in Cambodia:カンボジアの子供達: From Flickr>

この写真は、半世紀前頃の、この近辺を思い出させてくれます. “This picture reminds me of kids around here ca. half century ago.”

 

02a 300 kids climbing trees in Cambodia 



 

 

Quiz: <今回は、LL生徒からの質問で、英検3級レベルです.>

大坂なおみ選手が、セリーナ・ウイリアムズ選手に勝った直後に言った I'm sorry it had to end like this”:を文法的に説明して!

Yoshy was asked to explain Ms. Naomi Osaka’s words above just after she beat Ms. Serena Williams.

…答えは一番下にございます。Scroll down to the bottom to see this answer.

<3a: Ms. Naomi Osaka: From Wikipedia>

 

03a 400 大坂なおみ 

 

 

 

 

 

 

 

🌙🌗🌑🌙

カナダより, ティム・ビービの世界:No. 030 – Part 1

Tim Beebe’s World from CanadaTBW serial

🌙🌗🌑🌙

 

ティムは、1986年に私の前に彗星のように現れ、1988年に去って行きました。N様のお蔭で、2018128()、彼からの嬉しいメールが届きました。現在、オンタリオ消防大学で消防士を育成しています。彼の過去のブログを読んで、そのきらめく才能の中で、私は、彼の「英語の俳句」に感動しています。このように時々 (気の向くままに)「ティム・ビービの世界」をご紹介いたします。保管先は、HERE:ここをクリックなさってください。

 

One of my good friends, Mr. Tim Beebe, who appeared in front of me in 1986 and left me in 1988 like a comet. Thanks to Ms. N, his happy email arrived at me. He is now working as a fire instructor for the Ontario Fire College training firefighters. After briefly reading his two kinds of BLOG, I’m surprised at his brilliant talent for writing and particularly moved by “Haiku in English”. Well, let me sometimes (whenever I wish) introduce “Tim Beebe’s World” like this. I’ll put some TBWs in my Home Page. (Click the site above.)

 

 

<ティムの「英語俳句と画像:スペリオル・湖畔の森:2015716()」:Tim’s “haiku with picture of a forest beside Lake Superior” on Thursday, July 16, 2015From Tim Beebe’s Blog>

 

04a 600 20150716 (木) No1 A pink peony 

 

 

 

 

 

 

 

 

A pink peony

absorbs the afternoon sun

and gives it back

 

 



 

*peony [píːəni](cn) 芍薬 (しゃくやく)  *absorb [əbsˈɔɚb](vt) 吸収する、同化する、和らげる

 

Labels: flower, *fragrance, garden, peony, summer

*fragrance [fréɪgrəns](un) 芳香

 

 

Literal Translation: from Tim’s English haiku into Japanese:ティムの英語俳句を日本語に直訳》

 

ピンクのシャクヤク

午後の光を受けて

私に返してくれている

 

 

💛Yoshy’s Japanese Haiku After Tasting Tim’s English One with the Photograph taken by him:ティムの英語俳句と、彼が撮影した写真画像を鑑賞後の、遠藤の日本語俳句》

 

 

芍薬の

蕾を揺らす

夏木立

 


<季語 ():「芍薬 (Shakuyaku: しゃくやく)、夏木立 (Natsu-kodachi: なつこだち)」:The Season Word (summer) : “a peony”, “a cluster of trees in summer”>

 

The Above Written in Phonogram:表音文字表記 + Literal Translation:直訳》

 

Shakuyaku no

(A big bud of a peony was)

Tsubomi wo Yurasu

(A little being swung by …)

Natsu-kodachi

(Breeze or sunlight filtering through trees?)

 

 



💛Free Translation: from Yoshy’s Japanese Haiku into free J&E:遠藤の俳句を和英で意訳》

 

暑い夏の日、木立に入ってみると、芍薬の大きな蕾が一輪揺れていた. … 揺らしていたのは、風、それとも木漏れ日?

 

On a hot summer day, when I entered a cluster of trees; a big bud of a peony was a little swinging. … Who was doing, a breeze or sunlight filtering through trees?

 

<4b: *Tree Crown: From Pixabay>

*tree crown:樹冠 (樹林において、樹木の枝や葉の繁っている部分.)

 

04b 400 tree crown 樹冠 

 


 

 

 

##

幼児、子供、小学、中学、高校~成人対象

習熟度別・実用英語教室・LLシホヤ新井教室!

無料体験レッスン常時受け付け中!

 

お気軽にお問い合わせ、お申し込み下さいますようお願い申し上げます。

お電話、イーメールでのお問い合わせ(日本語、英語:OK) は、0255-72-2025 か、 メールにてお願いいたします。(個人情報保護機能付き.)

 

2018年度・募集要項は、HERE:ここを クリックなさってください。

最新の「LL Shihoya News」は HERE:ここを クリックなさってください。

 

 

 

 

 

 

 

##

Welcome to YEA of M-PEC「月例講座」!

The year of 2018 is the 12th Anniversary of M-PEC! 2018年度はお陰様で12周年!

(講座の1週間前までにブログや下記のサイトで)、活動過去記録等のご紹介は、Information of YEA : Yoshy’s Monthly English Activity, Records of “M-PEC” ( + Advance Billing is going to be written by a week before the DAY in both this Blog and the site below.), etc. by clickingHere:ここをクリックなさってください。

 

月例講座は、毎月第3土曜日です。

YEA is held on the 3rd Saturday every month.

 

初めての方大歓迎!年会費は徴収していません。資料代の500円のみ。

Welcoming to the first visitors, too! You pay 500 yen as a monthly material fee only.

1020(), Nov 20th (Sat) Lesson at 7:00-9:00 pmLL教室でお問い合わせとお申し込みは1018()までにお電話、イーメールでのお問い合わせ (日本語、英語:OK) は、For inquiries by phone or e-mail in English or Japanese by Nov 18th0255-72-2025 or click メールにてお願いいたします。(個人情報保護機能付き:Personal data in this e-mailing is protected.)

 

 

 

 

 

 

Quiz: <今回は、LL生徒からの質問で、英検3級レベルです.>

大坂なおみ選手が、セリーナ・ウイリアムズ選手に勝った直後に言った

“I'm sorry it had to end like this”:を文法的に説明して!

Yoshy was asked to explain Ms. Naomi Osaka’s words above just after she beat Ms. Serena Williams.

答え:まず、意訳すると


「こんな風に試合が終わってしまって、ごめんなさい.


文法的には


“It *had to end.”:「それ(試合)が終わらざるを得なかった.

* “have to ~”:「~ なければならない ~ざるを得ない」、「~ に違いない」 (must ~ と同じ意味ですが、mustには、過去形がありませんので、have to ~ を使っています.)

 

()

“Many visitors had to wait in line to see Xiang-Xiang.”:「香香(シャンシャン)を見るために、並んで待たなくてはなりませんでした.

“Kids had to be happy to see Xiang-Xiang.”:「子供たちは、香香を見て嬉しかったに違いありません.

 

“like this”:「このように、こんな風に」… “like ~” ~ のように」(前置詞)

()

“Was Momotaro really born like this?”:「桃太郎は、本当にこんな風に生まれたの?」

I'm sorry it had to end like this”「試合が、こんな風に終わらざるを得なくて、ごめんなさい.

 

余談ですが、私は、顛末については、誤解があるかも知れませんが

ブーイングの中で、なおみさんは、『観客が、セリーナさんが勝つと期待していたのに、自分が勝っちゃって ごめんなさい.』と、勘違いしてのセリフだったのでしょうね。違反して勝ったわけではないのに、憧れの大先輩のセリーナさんに勝っちゃって、日本人の謙虚さ、日本人の美徳を、世界が改めて知った瞬間が、この言葉の直後に、タイムラグで、感動を与えてくれました. Another great job, Naomi-san! (Yoshy)

 

<9a: Showing respect: From Flickr>

 

09a 500 showing respect 

 

 


 

 

 

 

ホームページ:www.shihoya.com の目次には、()志保屋書店、LL英語教室、Myoko Powerful English Club (M-PEC)、英語の雑学などたくさんの目次がございます。Would you mind clicking the above URL, Yoshy’s main Home Page? It includes lots of such interesting contents as Shihoya Bookstore, LL Shihoya Arai School, M-PEC, and Trivia in English, etc.

 

外部からの画像は、公開再使用許可済みのものです。These exterior pictures attached here are permitted to public for reuse.

この拙い英訳ブログ作業はヨッシーの英語力精進と外国友人への近況報告のためです。常時、友人ネイティブ数名が検査して下さっておられ、誤表記の場合は即「訂正」記事を書いています。This poor translation into English is for both brushing up Yoshy’s proficiency and telling updates to my foreign friends. Yoshy’s several foreign friends are always checking this blog; wrong expressions found, an article of “Correction” has been uploaded here.

英文中、凡そ英検2級レベル以上の語彙や表現には、* (星印)で注釈をつけています。In this blog, Yoshy attaches * (asterisks) at the vocabularies and expressions whose levels are ca. Eiken 2nd and over, and writes explanation about them.

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Shihoya

Author:Shihoya

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク