FC2ブログ

AUK 203 mum in supermarket

PR LLシホヤ新井教室は、体験レッスン実施中!主に、こども:幼児・子供~小学生を募集対象とした、妙高市の、実用英語教室・LLシホヤ新井教室は、習熟度別クラス編成で、実用英検取得に重点を置いて指導しています。5級~準1級学習までのクラスがございますので、中高生~成人の皆様も、ご相談ください。詳細はHERE:ここをクリックなさってください。

 

 

ひとり言:Yoshy’s Soliloquy

《テレビで見て:After Watching It on TV

本庶 (ほんじょ・たすく)先生、ノーベル医学生理学賞受賞決定、おめでとうございます!日本人として誇らしいです. 癌が過去の病気になる日が早く来ますように!

 

Dr. Tasuku Honjo, congratulations on the news that the 2018 Nobel Prize in Physiology or Medicine will be given to you! I’m proud of myself as a Japanese. I hope the disease of cancer will be the past one very soon!

 

<2a: 本庶 佑先生: From Wikipedia>

 

02a 250 ホンジョタスク先生 



 

嬉しそうな新閣僚の顔を見ていたら 複雑な気分「格差社会」、「長すぎるデフレ」からの脱却、いつになったら?

While looking at happy faces of the new cabinet members … hum… I’ve had mixed feelings. … How many years does it take to solve such big problems as Free from “Social polarization”, “Too long-standing deflation”, etc.?

Nothing to write, but …

 

 

「大臣病(だいじんびょう)」は、「日本の政界用語で、与党の国会議員が国務大臣のポストに病的に執着すること. (From Wikipedia) ですね. “Minister Disease” では、ネイティブに通じないでしょうね. “Which minister is sick?” (大臣の誰が病気?) と、聞かれそうです.

<英語訳by Yoshy>

“It is one of Japanese political terms, meaning that the members of ruling party of the Diet pathologically cling to the post of a minister of State.”

 

ところで、

Quiz: <今回は、英検準2級レベルです.>

「嫉妬」は、 “jealousy”, “green-eyed monster”などと言いますが、さて、A:「妬(ねた)み」と、B:「嫉(そね)み」は、英語で説明すると、a, bどっち


a: “Though I don’t have something wonderful, the other does. So I hate him/her.”

b: “Though I don’t have something wonderful, the other does. So I regret myself.”


…答えは一番下にございます。Scroll down to the bottom to see this answer.


<3a: Naoto Kan, Prime Minister, presented the letter of appointment for the Minister of Justice to Satsuki Eda on January 14, 2011. From WIKIPEDIA>

 

03a 250 法務大臣任命書 

 


 

 

🌙🌗🌑

有線放送での「英語の雑学」ご案内

“English Trivia” at AUK Radio Broadcasting

🌙🌗🌑

 

203:_ 20119月放送:迷子:a lost child

 

スーパーマーケットで、母親を見失った5歳の男の子が大声で、「ミチコ、ミチコ!」と母親の名を呼び続けました。

 

In a supermarket, a five-year-old child who lost sight of his mother was keeping calling aloud like, “Michiko, Michiko! …”

 

<4a: A child in a supermarket: From フリー画像>

 

04a 250 203 child in supermarket 

 


 

母親が顔を赤らめて、やってきて、たしなめました。「ミチコと呼んではいけません. 私はあなたの『お母さん』ですよ.

She came to him with her face blushed and scolded him. “You shouldn't call me ' Michiko'. I'm 'mother' to you.”

 

すると、男の子はけろっとして、言いました. -「知ってるよ。でも、この店にはお母さんがいっぱいいるんだもん。」

“I know, but this store is full of mothers!

 

 

 

<4b: I just hate the whole supermarket experience. Uploaded on October 3, 2017「私は、スーパーマーケットの初体験を思い出したくもありません.: From Flickr>

“I, Yoshy was so moved by this author, Paul’s comment when I read that let me introduce his below, next to his photo. I’ve got no idea where this supermarket is and where you came from, however, you wrote what I’d like to write for a couple of years very beautifully instead of me. Thanks Paul!”

 

「私、ヨッシーは、ポールのキャプションに、とても感動しました. 以下に紹介させてください. このスーパーがどこなのか、あなたの出身国がどこなのか分かりませんが、私が書きたかった秀逸な批評に感謝いたします.

 

04b 500 supermarket 

 


 

<Quoted from Author, Paul Townsend’s caption below>

 

Across the country local shops have been wiped out by supermarkets.

 

今や、国中の雑貨屋は、スーパーマーケットに凌駕されています.

 

 

My mum had all her groceries delivered from the local shop back in the 1950s. The shop keeper knew exactly what kind of bacon she had; he knew her and her likes and dislikes. This was before the days of *bloody supermarkets.

 

*bloody [blˈʌdi](a) 血塗(まみ)れの、殺伐とした

 

私の母は、1950年代には、地元の店で、食料品をすべて手元に運んでもらっていました. 店員は、母が食べていたベーコンの種類を正確に知っていました. 彼は、母と母の好き嫌いを知っていたのです. これは、殺伐としたスーパーマーケット時代以前の話です.

 

 

Small shops used to be meeting places for shoppers who chatted to each other while they waited to be served. They were the hub of communities. You do not even need to speak in a supermarket. In fact sometimes you do not need to have any human contact at all because you can *swipe your goods and pay by machine.

 

*swipe [swάɪp](vt) 強打する、(俗語)かっぱらう

 

当時の小さな店は、受け取りを待つ間は、買い物客にとって、お喋りするための場所でした.そこは、コミュニティの中心でした. スーパーマーケットでは、話す必要さえありません. 実際には、あなたは、商品をひったくり、機械で支払うことができるので、人との接触を全く必要としないことがあるのです.

 

<4c: FYR (参考まで) Women in Indonesia: From Wikipedia>


04c 500 women in Indonesia 

 

 

 

 

 

Every week *it is the same. It’s all on the *list and you *navigate that *trolley, with its *perennially bent left wheel, *up and down familiar, crowded *aisles. At the end of the whole miserable process you stand in a *queue, unload and pack the goods yourself, pay the cashier, *hump the stuff miles to the car park and drive home physically and mentally *drained.

 

*it(この場合は) 単品の商品  *list(この場合は) 価格表示  *navigate [nˈævəɪt](vt) 操縦する、通り抜ける  *trolley [trάli](cn) 市外電車、手押し車 = ‘cart’、ショッピングカート = ‘shopping cart’  *perennially [pɚɛ́niəli](ad) 永続的に  *up and down(ad) 行ったり来たり  *aisleɪl](cn) (教会、列車飛行機、劇場等の) 通路  *queue [kjúː](cn) おさげ、辮髪、待つ列  *hump [hˈʌmp](cn) ラクダの瘤、(vi) 猫背になる、担いで運ぶ、疾走する  *drain [dréɪn](vt) 排出する、飲み干す、枯らす

 

商品は、毎週同じです. すべて価格表示を見れば分かり、常に左に曲がるショッピングカートを、お馴染みの混雑した通路を行ったり来たりしながら押すだけのことです. 悲惨な工程の最後では、待ち行列に立って荷物を自ら降ろして梱包し、レジ係に支払い、荷物を遠くにある駐車場まで、すたこらひーひー運び、心身が消耗状態のまま車を運転して家に帰るのです.



Do we really need to choose from twenty different makes of marmalade or be offered carrots from Holland and beans from Venezuela?

 

私達は、本当に、マーマレードを20種類から選んだり、オランダ産の人参や、ベネズエラ産の豆を提供されたりしなければなければならないのでしょうか?

 

 

There is a huge *array of plastic-wrapped sliced *pap in supermarkets that tries to pretend its bread.

 

*array [əɪ](cn) 陣立て、勢揃い  *pap [pˈæp](un) パン粥

 

スーパーマーケットには、パンに似せた、ビニール包装のスライスされたパン粥の巨大な配列があります.

 

Supermarkets encourage people to take their cars, do a weekly shop and drag all their bags back home in one big weekly *chore. By doing this they *miss out on walking to the shops regularly and getting exercise 3-4 times per week *say. The cars that get used to *clog our roads and the spaces they park in are taken out of local use.

 

*chore [tʃˈɔɚ](cn) 雑用、面倒な仕事  *miss out (vt) 省略する、抜かす  *say (ad) いわば = ‘that’s to say’  *clog [klάg](cn) 木靴、(vt) 詰まらす、塞(ふさ)

 

スーパーマーケットでは、大きな雑用として、車を使い、毎週買い物をし、すべてのバッグを引き摺って家に持ち帰るように人々に勧めています. これを行うことで、いわば、彼らは定期的に店に歩くことや、週3~4回の運動を止めています. 車は、道路や駐車場を一杯にすることを何とも思わなくなり、地域での利用が出来難くなっています.

 

 

Recreation grounds, school playing fields and leisure centers are all *alternatives that could have used those large spaces round the country devoted to car parks. Factor in the pollution of both the cars and the huge lorries that supply these supermarkets and you get a sense of the environmental damage *entailed by living with a large supermarket.

 

*alternative [ɔːltˈɚːnəɪv](cn) 二者択一、選択肢  *entail [entéɪl](vt) (必然的に) 必要とする

 

レクリエーション場、学校競技場、レジャーセンターは、かつては、全国すべて、駐車のための広いスペースを提供できていたのです. 自家用車と巨大な貨物車の両方の汚染の要因 すなわち、巨大なスーパーマーケットで生活することによる必然的な環境被害の感覚を得ることになっているのです.


<4d: FYR (
参考まで) urban life: From PxHere>


04d 500 urban life 



 

「有線放送での英語のお喋り:全276話を読書用に」は、ホームページに更新完了してございます。他のエピソードにご興味がございましたら、HERE:ここをクリックしてください。

All the 276 episodes of Yoshy’s English Corner on Arai Radio Broadcasting into for reading were already updated in my HOMEPAGE. If you are interested the other episodes, click the site above.

 

 

 

 

 

 

 

##

幼児、子供、小学、中学、高校~成人対象

習熟度別・実用英語教室・LLシホヤ新井教室!

無料体験レッスン常時受け付け中!

 

お気軽にお問い合わせ、お申し込み下さいますようお願い申し上げます。

お電話、イーメールでのお問い合わせ(日本語、英語:OK) は、0255-72-2025 か、 メールにてお願いいたします。(個人情報保護機能付き.)

 

2018年度・募集要項は、HERE:ここを クリックなさってください。

最新の「LL Shihoya News」は HERE:ここを クリックなさってください。

 

 

 

 

 

 

 

##

Welcome to YEA of M-PEC「月例講座」!

The year of 2018 is the 12th Anniversary of M-PEC! 2018年度はお陰様で12周年!

(講座の1週間前までにブログや下記のサイトで)、活動過去記録等のご紹介は、Information of YEA : Yoshy’s Monthly English Activity, Records of “M-PEC” ( + Advance Billing is going to be written by a week before the DAY in both this Blog and the site below.), etc. by clickingHere:ここをクリックなさってください。

 

月例講座は、毎月第3土曜日です。

YEA is held on the 3rd Saturday every month.

 

初めての方大歓迎!年会費は徴収していません。資料代の500円のみ。

Welcoming to the first visitors, too! You pay 500 yen as a monthly material fee only.

1020(), Nov 20th (Sat) Lesson at 7:00-9:00 pmLL教室でお問い合わせとお申し込みは1018()までにお電話、イーメールでのお問い合わせ (日本語、英語:OK) は、For inquiries by phone or e-mail in English or Japanese by Nov 18th0255-72-2025 or click メールにてお願いいたします。(個人情報保護機能付き:Personal data in this e-mailing is protected.)

 

 

 

 

 

 

Quiz: <今回は、英検準2級レベルです.>

「嫉妬」は、 “jealousy”, “green-eyed monster”などと言いますが、さて、A:「妬(ねた)み」と、B:「嫉(そね)み」は、英語で説明すると、a, bどっち


a: “Though I don’t have something wonderful, the other does. So I hate him/her.”

b: “Though I don’t have something wonderful, the other does. So I regret myself.”



答え:

A:「妬(ねた)み」= a「何か素晴らしいものが、自分には無くて、人にはあるので、その人を憎む.」≒『ふん、あんたなんか何さ!』

 

<9aa: One bird gets more than another, and inspires negative feelings.From Flickr>

 

09aa 300 妬み 

 


 

<9ab: Jealous by Hearts: From DeviantArt>

 

09ab 300 Jealos 

 

 

 

 

B:「嫉(そね)み」= b「何か素晴らしいものが、自分には無くて、人にはあるので、(自分が)悔しい.」≒『うじうじ.

 

<9ba: Edvard Munch [ˈedvɑʈ ˈmuŋk] - Jealousy (1895): This picture is from Wikimedia Commons.>

 

09ba 300 嫉み 

 


 

<9bb: sad face: From Pixabay>

 

09bb 300 sad face 

 

 

 

 

 

 

ホームページ:www.shihoya.com の目次には、()志保屋書店、LL英語教室、Myoko Powerful English Club (M-PEC)、英語の雑学などたくさんの目次がございます。Would you mind clicking the above URL, Yoshy’s main Home Page? It includes lots of such interesting contents as Shihoya Bookstore, LL Shihoya Arai School, M-PEC, and Trivia in English, etc.

外部からの画像は、公開再使用許可済みのものです。These exterior pictures attached here are permitted to public for reuse.

この拙い英訳ブログ作業はヨッシーの英語力精進と外国友人への近況報告のためです。常時、友人ネイティブ数名が検査して下さっておられ、誤表記の場合は即「訂正」記事を書いています。This poor translation into English is for both brushing up Yoshy’s proficiency and telling updates to my foreign friends. Yoshy’s several foreign friends are always checking this blog; wrong expressions found, an article of “Correction” has been uploaded here.

英文中、凡そ英検2級レベル以上の語彙や表現には、* (星印)で注釈をつけています。In this blog, Yoshy attaches * (asterisks) at the vocabularies and expressions whose levels are ca. Eiken 2nd and over, and writes explanation about them.

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Shihoya

Author:Shihoya

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク