FC2ブログ

TBW 036 Forget-me-not

LLシホヤ新井教室は、体験レッスン実施中!こども:幼児・子供~小学生を募集対象とした、妙高市の、実用英語教室・LLシホヤ新井教室は、実用英検取得に重点を置いて指導しています。5級~準1級学習までのクラスがございますので、中高生~成人の皆様も、ご相談ください。詳細はHERE:ここをクリックなさってください。

 

The Recent Yoshy’s © Websites for Language Instructors of English: 英語教師用お宝サイトご参照

M-PEC講座記録 (継続中)」⇒ Click HERE

「小学校英語の今後・20話:上越タイムス連載 (完成)」⇒ Click HERE

「百人一首英訳 (完成)、いろはかるた英訳 (完成)、等」⇒ Click HERE.

「野球英語・147 (完成)、等」⇒ Click HERE.

「掲示標識英語 (継続中)、場所の英語 (編集中)、等」⇒ Click HERE.

AUKラジオ講座Yoshy’s English Corner 276 (完成) 」⇒ Click HERE.

RAM: Rees Family’s Amazing Mission (継続中)」⇒ Click HERE.

TBW: Tim Beebe’s Haiku World (継続中)」⇒ Click HERE.

「山下佳恵先生詩集英訳 (継続中)」⇒ Click HERE.

 

 

国内外の友人へ一言近況:Yoshy’s Brief Updates to my Friends at Home and Abroad

 

師走に入ってから、「本町通り流雪溝東西切り替えハンドルと、鳶口(とびぐち)」が各戸順繰りに回っています. いつ雪が降るかわからない時期になりました.

 

After beginning of Shiwasu, December, “a conversion-bar and a *firefighter’s hook used at the *intake of a ditch for flushing snow along the main street” have been in order circulated at every house. We’re now in the season when we have to be careful of suddenly falling snow.

 

*firefighter’s hook:鳶口(とびぐち)  *intake [íntàke]:取り入れ口 ( outlet)

 

<1a: *NDW and D.C. Fire Departments conduct joint training: From Air Force District of Washington>「写真に『鳶口』らしきものが見えます.: “Something like ‘a firefighter’s hook’ can be seen in this picture.” (遠藤由明)

NDWNaval District Washington is one of eleven current naval regions responsible to Commander, Navy Installations Command for the operation and management of Naval shore installations in the Washington D.C. Metropolitan Area.

「海軍区ワシントンは、ワシントンD.C.首都圏における海軍陸上設置の運営および管理のための海軍設置指令司令官に責任を負う、海軍11地域の1つです.

 

01a 500 NDWFD hook 



 

 

Quiz for Quick-Answer from Trendy Words: 流行語・即答クイズ

「入り口」:gateway” (ゲートウェイ)と、entrance” (エントランス)の違いは?

hat is the difference between “gateway” and “entrance”?

答えは、画像のすぐ下に!:Answer is right under here!


<3aa: Radiator Springs Racers entrance sign: From This picture is from Wikimedia Commons.>

Description: “Radiator Springs Racers in Cars Land at Disney California Adventure”:「ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・自動車ランドにあるラジエーター・スプリングズ・レイサーズ」

Gateway to … Radiator Springs”の文字が見えます.

 

03aa 500 gateway to ornament valley 

 

 

 

 

<3ab: Monticello Dam: From Wikipedia>

Description: “Just peeking over the top of the glory hole naturally for the first time in over a decade, February 16, 2017Monticello Dam is a 304-foot (93 m) high concrete arch dam in Napa County, California, United States”

2017216日、過去10年で初めて自然に開いた穴の頂を覗(のぞ)き見できる.-モンティセロ・ダムは、カリフォルニア州、ナパ郡にあり、304フィート (93 m)の高さがあるコンクリート・アーチ型です.

 

03ab 500 entrance dam 

 


 

👇

こんな時、英英辞典が役に立ちます.

“Gateway”: “An opening entrance that can be closed by a gate.” (From Oxford Learner’s Dictionaries)

👇

答え:

Gatewayとは、門によって閉じることが出来る入場口.

 

 

 

 

 

Quiz: <今回は英検3級レベルです.>

正しい英文はどれ?“Which is correct among these?”

A: “A Merry Christmas and A Happy New Year!

B: “A Merry Christmas and Happy New Year!

C: “Merry Christmas and A Happy New Year!

D: “Merry Christmas and Happy New Year!

答えは、一番下に!:Scroll down to the bottom to see this answer, please!


<3b: Santa Monica 66 End of the *Trail:「サンタ・モニカ、ハイウェイ66、小道の終点」: From Max Pixel>

*trail [treɪl]A beaten path through rough country such as a forest or moor. :「森や荒れ地のような寂れた田舎を通っている踏み固められた小道」

➡ その心は  「サンタさん、そりを引き摺って、はるばるご苦労様です. ここが終点です. (高速道路標識にあるなんて!米国人らしいユーモアがここにも 日本は、『高輪ゲートウェイ』レベルで、60歳代以上がびっくり!)

 

03b 500 santa monica end of trail 




 

<3c: Rockefeller Center Christmas Tree: This picture is from Wikimedia Commons.>

 

03c 600 Xmas Rockefeller Center Xmas 

 

 


<3d: Prometheus At Rockefeller Center.:「ロックフェラーセンタービルの真下にある金のプロメティウス像」: From Flickr> Yoshy has stood in front of this golden statue which was near the hotel I stayed.

 

03d 500 プロメティウス 

 

 

 

 

 

 

🌙🌗🌑🌙

カナダより, ティム・ビービの世界:No. 036

Tim Beebe’s World from CanadaTBW serial

🌙🌗🌑🌙

 

ティムは、1986年に私の前に彗星のように現れ、1988年に去って行きました。N様のお蔭で、2018128()、彼からの嬉しいメールが届きました。現在、オンタリオ消防大学で消防士を育成しています。彼の過去のブログを読んで、そのきらめく才能の中で、私は、彼の「英語の俳句」に感動しています。このように時々 (気の向くままに)「ティム・ビービの世界」をご紹介いたします。保管先は、HERE:ここをクリックなさってください。

 

One of my good friends, Mr. Tim Beebe, who appeared in front of me in 1986 and left me in 1988 like a comet. Thanks to Ms. N, his happy email arrived at me. He is now working as a fire instructor for the Ontario Fire College training firefighters. After briefly reading his two kinds of BLOG, I’m surprised at his brilliant talent for writing and particularly moved by “Haiku in English”. Well, let me sometimes (whenever I wish) introduce “Tim Beebe’s World” like this. I’ll put some TBWs in my Home Page. (Click the site above.)

 

 

<4a:ティムの「英語俳句と画像:スペリオル・湖畔の森 on 201572日」:Tim’s “haiku with a picture of the grove beside Lake Superior” on No. 36 Thursday, July 2, 2015From Tim Beebe’s Blog>

 

04a 600 20150702 (木) Although I am small 

 

 

 

 

 

 

Although I am small

and hidden beneath the leaves

Forget me not

 

 

 

 

*Forget me not:「私を忘れないで」⇒ forget-me-not(cn) 勿忘草 (わすれなぐさ)

 

Labels: flower, forget me not, fragrance, garden, leaves, remember, summer

 

 

Literal Translation: from Tim’s English haiku into Japanese:ティムの英語俳句を日本語に直訳》

 

 

ちっちゃな私

葉の下に隠れているけれど

忘れないで

 

 

💛Yoshy’s Japanese Haiku After Tasting Tim’s English One with the Photograph taken by him:ティムの英語俳句と、彼が撮影した写真画像を鑑賞後の、遠藤の日本語俳句》

 

 

勿忘草

きらきら漂う

蒼い思い出

 

<季語 (晩春):「勿忘草 (Wasurenagusa: わすれなぐさ)」:The Season Word (late spring) : “a Forget-me-not”>

 

The Above Written in Phonogram:表音文字表記 + Literal Translation:直訳》

 

Wasure-na-gusa

(This forget-me-not…)

Kirakira tadayou

(Something glittering sure be …)

Aoi omoide

(sour-sweet memories of my adolescent days.)

 

 

💛Free Translation: from Yoshy’s Japanese Haiku into free J&E:遠藤の俳句を和英で意訳》

 

勿忘草の周りにキラキラ漂うものは思春期の甘酸っぱい思い出.

 

Something glittering around this forget-me-not sure be … *sour-sweet memories of my adolescent days.

*sour-sweet(a) 甘酸っぱい <sweet-and-sour”: 酢豚(料理) >

 

<4b: Romeo and Juliet in a painting by Sir Frank Dicksee.: From Wikipedia>

 

04b 300 Romio Juliett 

 

 


 

 

 

##

幼児、子供、小学、中学、高校~成人対象

習熟度別・実用英語教室・LLシホヤ新井教室!

無料体験レッスン常時受け付け中!

 

お気軽にお問い合わせ、お申し込み下さいますようお願い申し上げます。

お電話、イーメールでのお問い合わせ(日本語、英語:OK) は、0255-72-2025 か、 メールにてお願いいたします。(個人情報保護機能付き.)

 

2018年度・募集要項は、HERE:ここを クリックなさってください。

最新の「LL Shihoya News」は HERE:ここを クリックなさってください。

 

 

 

 

 

 

##

Welcome to YEA of M-PEC「月例講座」!

The year of 2018 is the 12th Anniversary of M-PEC! 2018年度はお陰様で12周年!

(講座の1週間前までにブログや下記のサイトで)、活動過去記録等のご紹介は、Information of YEA : Yoshy’s Monthly English Activity, Records of “M-PEC” ( + Advance Billing is going to be written by a week before the DAY in both this Blog and the site below.), etc. by clickingHere:ここをクリックなさってください。

 

月例講座は、毎月第3土曜日です。

YEA is held on the 3rd Saturday every month.

 

初めての方大歓迎!年会費は徴収していません。資料代の500円のみ。

Welcoming to the first visitors, too! You pay 500 yen as a monthly material fee only.

1215(), Dec 15th (Sat) Lesson at 7:00-9:00 pmLL教室でお問い合わせとお申し込みは1213()までにお電話、イーメールでのお問い合わせ (日本語、英語:OK) は、For inquiries by phone or e-mail in English or Japanese by Dec 13th0255-72-2025 or click メールにてお願いいたします。(個人情報保護機能付き:Personal data in this e-mailing is protected.)

 

 

 

 

 

 

 

Quiz: <今回は英検3級レベルです.>

正しい英文はどれ?“Which is correct among these?”

A: “A Merry Christmas and A Happy New Year!

B: “A Merry Christmas and Happy New Year!

C: “Merry Christmas and A Happy New Year!

D: “Merry Christmas and Happy New Year!

 


答えD: “Merry Christmas and Happy New Year!

 

A Happy New Year!の年賀状が後を絶ちません. もちろん、ネイティブでさえ、嫌な気はしませんが⇒「ある幸福な1年間!」のイメージに感じます. それは、例えば、

「ブラウン先生、おはようございます!」を A good morning, Mr. Brown!” ⇒「ある良き朝である. ブラウン先生!」⇒ (‘;’) Good morning, Yoshy!”

 

We wish you a Merry Christmas and a happy new year!」「メリークリスマス! そしてよいお年を」があって、⇒ 単独で新年の挨拶として使えるのだと誤解しやすいからでしょうね. 単独で “A happy new year!” という言い方はしません. なぜかというと

 

👇
文法的には、「定型句の単独性がくずれて一般化される」場合に、「通常の句ですよ!」 とまとめる符号として、冠詞: a, an, theが必要になるからです. (a/an vs. theは、いずれまた.)

 

👇

Ex.

“Good day!” = “Have a good day!” (良い一日を!)

“Happy birthday!” = “Have a happy birthday!” (お誕生日、おめでとう!)

“Good night!” (お休みなさい!) = “Have a good night!” ⇒ “I wish you could have a good sleep!” (TPOによっては、安らかに天国へ!)


Happy new year
にかぎらず、挨拶ではない場合は happy birthday good morning にも不定冠詞「a」が付くことがあります.

急に、ジョンレノンのXmas song が浮かんできました. 今年の LL & M-PEC activities に加えようかな.

A very Merry Xmas
And a happy New Year.
Lets hope its a good one without any fear.

 

👇
「メリークリスマス」、「ハッピーニューイヤー」というキーフレーズ同士が、
接続詞“and”で結ばれることで文節化していて、しかも、
Merry Xmas”という定型句の前に、“very”という別の形容詞がくっついて、定型句の単独性がくずれて一般化されているために、冠詞が必要になるのです.


👇

「あれはパンダです.」⇒ “That is a panda.” … なぜ、 “a” が付くのかも同じ理由です.

「ママ、パンダだ!」⇒ “Panda, mummy!” 「やだー!熊よ!」“Eek! That’s a Bear!”

 

<8a: “Bear *X-ing”: Huron-Manistee National Forests bear crossing road sign: This picture is from Wikimedia Commons.>

X-ing = “crossing” “Bear Crossing” (熊が横断中)

 

08a 300 bear x-ing 

 


 

<9a: Merry Xmas & Happy New Year 2019! : From Orange.biz>

 定型句ですので、冠詞:"a" がついていません. 👇


09a 500 Merry Xmas Happy New Year 2019 

 

 

 

 

<9b: University of Oregon design studio at Santa Rosa Island, Channel Islands National Park: From National Park Service>

 

09b 500 santa rosa island 

 

 

 

 

<9c: Location of Santa Rosa Island and Channel Islands: From Wikipedia>

 

09c 500 santa rosa island map 

 

 

 

 

 

 

 

ホームページ:www.shihoya.com の目次には、()志保屋書店、LL英語教室、Myoko Powerful English Club (M-PEC)、英語の雑学などたくさんの目次がございます。Would you mind clicking the above URL, Yoshy’s main Home Page? It includes lots of such interesting contents as Shihoya Bookstore, LL Shihoya Arai School, M-PEC, and Trivia in English, etc. 外部からの画像は、公開再使用許可済みのものです。These exterior pictures attached here are permitted to public for reuse. この拙い英訳ブログ作業はヨッシーの英語力精進と外国友人への近況報告のためです。常時、友人ネイティブ数名が検査して下さっておられ、誤表記の場合は即「訂正」記事を書いています。This poor translation into English is for both brushing up Yoshy’s proficiency and telling updates to my foreign friends. Yoshy’s several foreign friends are always checking this blog; wrong expressions found, an article of “Correction” has been uploaded here.

英文中、凡そ英検2級レベル以上の語彙や表現には、* (星印)で注釈をつけています。In this blog, Yoshy attaches * (asterisks) at the vocabularies and expressions whose levels are ca. Eiken 2nd and over, and writes explanation about them.

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Shihoya

Author:Shihoya

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク