FC2ブログ

RAM 050

LLシホヤ新井教室は、体験レッスン実施中!こども:幼児・子供~小学生を募集対象とした、妙高市の、実用英語教室・LLシホヤ新井教室は、実用英検取得に重点を置いて指導しています。5級~準1級学習までのクラスがございますので、中高生~成人の皆様も、ご相談ください。詳細はHERE:ここをクリックなさってください。

 

The Recent Yoshy’s © Websites for Language Instructors of English: 英語教師用お宝サイトご参照

M-PEC講座記録 (継続中)」⇒ Click HERE

「小学校英語の今後・20話:上越タイムス連載 (完成)」⇒ Click HERE

「百人一首英訳 (完成)、いろはかるた英訳 (完成)、等」⇒ Click HERE.

「野球英語・147 (完成)、等」⇒ Click HERE.

「掲示標識英語 (継続中)、場所の英語 (編集中)、等」⇒ Click HERE.

AUKラジオ講座Yoshy’s English Corner 276 (完成) 」⇒ Click HERE.

RAM: Rees Family’s Amazing Mission (継続中)」⇒ Click HERE.

TBW: Tim Beebe’s Haiku World (継続中)」⇒ Click HERE.

「山下佳恵先生詩集英訳 (継続中)」⇒ Click HERE.

Why I Never Use Cellphone (Quotes: 1 video & 1 report.)」⇒ Click Here.

 


国内外の友人へ一言近況:Yoshy’s Brief Updates to my Friends at Home and Abroad

 

1211日に、カナダのQ, J ご一家からXmas Cardが届きました. ありがとうございます. 昨夜半、外国友人たちに、手作りカードに添え書きして、今朝:1213() 氷雨の中、投函しました. 添え書きは時間がかかりますが、アナログも良いものですね.

M-PECXmas Lessonは、1215()LLシホヤ新井教室のXmas Lessonsは、来週です.お楽しみに!

 

On Dec 11th, I received the Q-J Family’s Xmas card from Canada; thank you very much. Then, I started making mine last midnight, writing message on every card for my foreign friends living abroad. I posted them in a sleeting rain this early morning. Though handwriting takes longer than e-writing, I felt healing during the time; hum… it’s not *all together bad!

The Christmas Lesson of M-PEC is going to be held this Saturday & ones of LL Shihoya Arai School start next Monday. Look forward to, please.

*all together:強(あなが)

 

 

旧友が著名陶芸家になった高井 進先生から、上越市高田での、個展の案内状が届きました. 目の保養になりますよ. お出かけください.

 

A famous ceramic artist, Mr. Susumu Takai who is one of my old friends gave me a postcard of invitation to his exhibition in Takada. His works must be a feast for your eyes. Why don’t you come there?


<1a: Mr. Takai’s Mt. Myoko and Wild-boars>

 

01a 500 高井進 妙高山猪 


 


<1b: Welcome to the exhibition of his works of ceramic art in Joetsu City.>


  01b 500 高井進 妙高山猪 作品展案内

 


 

 

 

Quiz: クイズ <今回は、英検2級レベルです.>

 

Cop 24」の “cop”って、どの略語? Which is correct for this abbreviation, ‘cop’? A: Conference of the Parties, B: Certificate of Proficiency, C: changeover point, D: copper

 

答えは、一番下に!:Answer is at the bottom; scroll down please!


<3a: People's Climate March NYC taken on September 21, 2014: 「ニューヨークでの、気候の行進」From Flickr>

 

03a 500 Climate Action 

 

 


 

 

 

🌙🌗🌑

リース家族の活躍・ご紹介 050

Rees Family’s Amazing Mission (RAM)

🌙🌗🌑

 

2018年現在、リース一家は、タイの奥地で現地住民と共に、様々な試練を乗り越えながら布教を展開しています. 私の旧友リチャードからの、当時の近況メールを通じて、一家を紹介するコラムです. メールが大量ですので、「さわり:読みどころ」だけを、 “The World of Richard Rees” in my HP に保存してゆきます. 遠藤の判断で、個人情報が含まれる部分は、「Omission:中略」として、省略する場合があります.専門用語の和訳は、Heaven’s Gate Chapelの早津 栄牧師 (Pastor Hayatsu Sakae) のご指導を受けています.  Dear Richard and Wendy; Hoping you could enjoy having a taste of slipping through time back to your staying in Arai. (和訳 by Yoshy)


 

050: <Quoted the e-mail from Richard and Wendy on Sep 13, 2004>

050<リチャードとウェンディからのメール:2004913>

 

 

Dear Friends,

友人達へ

 

This last month has been an interesting one. Just over a month ago I hiked (five hours) in to Sarawat and spent a good full three days there, one of them being August 12th, the National Mother's Day and the Queen's birthday. The villagers had special celebrations for the Queen's birthday. It was good to see the Karen *identifying with the fact that they live in Thailand.

*identify [ɑɪdénəfὰɪ](vt) 身許を明らかにする、確認する

 

この1か月は、興味深いものでした. ちょうど1ヶ月前に、私はサラワットまで(5時間)歩き、そこで丸3日間過ごしました. その内の1日、812日は、国の母の日・女王の誕生日でした. 村の人達は、女王の誕生日に特別なお祝いをしました. カレン族が、自分達がタイに住んでいるという事実を明らかにするのを見て良かったです.

<4a: Attached Picture 1/3>

 

04a 300 RAM01 

 

 

 

 

I returned to town to find that George was not doing well. He was retaining water in his abdomen and was having a lot of pain so I drove him and Gwen down to the Seventh Day Adventist hospital in Bangkok (about a six hour trip). The specialist put him on antibiotics for an infection and drained water out of his abdomen.

 

私が町へ戻ったら、ジョージの具合が良くありませんでした. 彼は腹部に水が溜まっていてひどい痛みがありましたので、彼とグウェン(奥さん)を、バンコクのセブンスデー・アドベンティスト病院(約6時間かけて)に車で連れて行きました. 専門医は彼を感染症予防のために抗生物質を与え、腹部から水を抜き取りました.

<4b: Location of the Seventh Day Adventist Hospital in Bangkok>

 

04b 500 location of hospital 

 

 

 

I returned to my family in Sangkhlaburi and a couple of days later we returned to Bangkok on our way to the sea for a family vacation. George was released from the hospital and we all went down to the sea side town of *Hua Hin. In Hua Hin there is a place called the Juniper Tree that is set up for missionaries to *get away and have a break. We had a wonderful week on the beach. Today Megan was asking again if we could go to the beach.

*Hua HinHua Hin District (Thai: หัวหิน, IPA: [hǔə hǐn]) is one of eight districts (amphoe) of Prachuap Khiri Khan Province in the northern part of the Malay Peninsula in Thailand.   *get away:逃れる、旅行に出かける

 

私は、サンクチャブリの私の家族の許に帰り、数日後に、家族の休暇のために海で過ごすためにバンコクへ戻りました. ジョージは退院して、私達全員は、ホアヒンの海辺の町に行きました. ホアヒンにはジュニパー・ツリーと呼ばれる場所があり、そこは宣教師たちが休暇を過ごすために設備が整えられています. 私達は、ビーチで素晴らしい一週間を過ごしました. 今日、ビーチに行くことができるかどうか、メグンは又尋ねていましたよ.

<4c: Hua Hin Beach: From Wikipedia>

 

04c 500 Hua Hin Beach 

 

 


<4d: Megan: Attached Picture, 2/3>

 

04d 300 RAM02 Megan 

 

 

 

 

Our plans were to spend a few more days in Hua Hin, but I had learned about a Karen Wrist Tying ceremony that was going to take place in one of the Karen villages. I wanted to attend the ceremony and see what I could learn about Karen language and culture. We took two days driving back from Hua Hin and the day we arrived in Sangkhlaburi I packed my backpack and Wendy drove me out to the trail to the village of Jo Xi Phu. I hiked forty minutes to the village and spent the night. The next day I and six men from Jo Xi Phu hiked five and a half hours through the jungle to the village of Ko Sa Dou. There was a lot of mud so I "field tested" a pair of cheap rubber boots. They turned out to be a bad choice. (The *blisters are healed, but I still have a *bruise on the ball of my foot that is painful to walk on.) 

*blister [blístɚ](cn) 水膨れ、火脹れ、水疱  *bruise [brúːz](cn) 打撲傷、打ち身

 

私たちの計画はホアヒンでもう数日、時間を費やすことでしたが、私はカレン村の中の1つの村で行われる「カレン手首縛り式」について学んだことがあります. 私はその儀式に出席し、カレンの言語と文化について何かを学べるかどうかを視たいと思っていました. 私達は、ホアヒンから2日間運転し、サンクチャブリに到着した日に、私はリュックサックに荷物を詰め込み、ウェンディは、私をジョー・サイ・プーの村へ続く小道まで車で連れて行ってくれました. 私は村まで40分歩いて、野宿しました. 翌日、私とジョー・サイ・フーの6人の男性が、ジャングルを通ってコ・サドゥの村へ5時間30分かけて歩きました. たくさんの泥がありましたので、私は安価なゴム製の長靴を使ってみました. その靴は、役に立たないことが分かりました.(水疱は治りますが、足の指の付け根の打ち身は、歩くたびに痛みます.

 

 

Karen from several villages gathered for the ceremony, but the group from Sarawat hadn't arrived. The next morning was a large wrist tying ceremony. I made a lot of notes and took a lot of pictures. At this stage I don't know the meaning of what is going on, but was able to record the physical aspects of the ceremony. Deeper meanings will come to light in following years. The group from Sarawat did not arrive until that afternoon. The day before they had taken a wrong turn in the jungle and had gotten lost. That evening there was singing and dancing late into the night. I went to bed around 11 pm. Others came in at three in the morning.

 

いくつかの村のカレン族が、儀式のために集まりましたが、サラワットのグループは、到着していませんでした. 翌朝は、大きな手首結び儀式の日でした. 私はメモを沢山とり、写真も沢山撮りました. この段階では、何が起こっているのか分かりませんが、儀式の物理的な側面を記録することができました。深い意味は、何年もかかってから分かるのでしょう. サラワットからのグループは、午後まで到着しませんでした. 前日、彼らはジャングルで間違った方向へ進み、道に迷ったのです. その夜、夜遅く歌って踊っていました. 私は午後11時頃寝ました. 彼らは、真夜中の3時に着きました.

<4e: The Irrawaddy Delta to hold first ever Karen Wrist Tying Ceremony: From Karen News>

 

04e 500 Tying Wrist Ceremony 

 

 

 

 

The activities were *supposed to go on for another two days, but the group I was with wanted to leave the next day, so I left with them. I returned a different route that was only two hours of hiking and then caught a boat down the river. I got home that afternoon.

*suppose [səˈpoʊz](vt) 想定する

 

その行事は、さらに2日間続く様子でしたが、私が一緒にいるグループは、翌日出発したかったので、私は、彼らに従いました. 私は、2時間しか歩かなくてよい別のルートで戻り、川下りの船に乗りました. その日の午後に家に着きました.

 


George and Gwen stayed in Hua Hin a few days longer than us. George was still retaining water, so they went to Bangkok where he was admitted into the hospital for some more draining. The day after I got out of the jungle, I drove down to Bangkok to pick them up. After returning home there seemed to be *a hundred and one little jobs that needed to be done after a couple weeks of being away. 

*a hundred and one(a) (こまごました)多数の


ジョージとグウェン(ジョージの奥さん)は、私たちより数日長くホアヒンにとどまっていました. ジョージはまだ腹水が溜まっていましたので、二人は、バンコクに行き、腹水を除くために入院しました. 私がジャングルから出た翌日、私は、車でバンコクへ迎えに行きました. 家に帰ってから、数週間たっていましたから、必要に迫られた沢山の仕事がありそうでした.

 


After returning home George continued to be weak and started retaining water again. He was (and is) *weary of not doing well, yet weary of having to keep returning to doctors. Finally last Thursday we decided as a family that he needed to just go up to Chiang Mai and get things taken care of. So, they packed up and I drove them to Bangkok. We spent the night there and George and Gwen got the first morning flight to Chiang Mai. He had water drained off of his abdomen and on Saturday he had some *exploratory surgery to check for cancer and *TB. Everything looks OK except for his damaged liver. He was released from the hospital this morning (Sunday) and they will stay in Chiang Mai for at least a week so the doctor can see how further drug changes are affecting him.

*weary [wí(ə)ri](a) 疲れた、飽き飽きした  *exploratory [ɪksplˈɔːrət`ɔːri](a) 探検の、診察の  *TB [tíːbíː]= tuberculosis [t(j)ʊb`ɚːkjʊlóʊsɪs]:結核


帰宅してからのジョージは、引き続き衰弱して、再び腹水が溜まり始めました. 彼は、うまく体が動かないことにも、医者に何度も見てもらいに行くことにも、うんざりしています. 結局、先週の木曜日、私達は、家族として、チェンマイに行って、治療に専念してもらわなくてはならないと決めました. それで、荷物をまとめて、私はバンコクへ車で連れて行きました. 私達は、そこで一夜を過ごし、ジョージとグウェンは、チェンマイ行きの始発の飛行機に搭乗しました. 彼は腹水を抜いてもらい、土曜日には、癌と結核の検診を受けました. 弱った肝臓を除いては、他は大丈夫でした. 彼は今朝(日曜日)病院から退院し、医師は薬の変更の効果を診ることができるように、二人は、少なくとも1週間はチェンマイに留まります.

 


Tomorrow I will try driving my motorcycle in to Jo Xi Phu to do some language learning. I want to start making regular trips to the village for language learning. Later this month I also want to make another longer trip in to Sarawat.


明日はオートバイを運転して、ジョー・サイ・フーに行き、言語学習をします. 私は言語学習のために村への定期的な旅を始めたいのです. 今月末には、私は又、サラワットへのさらなる長期間の旅をしたいです.

 


As for the rest of the family, Megan is growing *in leaps and bounds. She turns two on the 15th. Caleb is starting to "talk". He has been *a great baby. And Wendy has her hands full with Megan, Caleb and I and housework and... She recently *figured out how to download and print recipes off of the internet, so we have been enjoying some interesting (and great) food. Indian Chick Pea Curry, Hummus...

*in leaps and bounds (ad) 怒涛の勢いで  *a great baby(ここでは) 天からの恵みの赤ちゃん  *figure [fígjɚ] out(vt) 理解する、解決する


私の家族については、メグンはどんどん成長しています. 15日に、2歳になります. カレブは「話す」ようになっています. 彼は、神からの授かりものです. そしてウェンディは、メグン、カレブ、私と、家事で大童です. 彼女は最近、インターネットからレシピをダウンロードして印刷する方法を考え出したので、面白い(そして素晴らしい)食べ物を楽しんでいます. 「インド式・チキン・エンドウ豆入り・カレー」、ふむふむ



賛美と祈りを
 Praise and Prayer

 

Praise for a great family vacation and health and safety with all of the traveling around. 

 

移動を繰り返している素晴らしい家族の休暇と、健康と、安全を褒めたたえてください.

 

 

Pray for George and his health. His continual health problems and weakness is discouraging, but he remains encouraged and is not giving up.  There is so much work for him to do, and he desperately wants to do it, but does not have the strength and energy. Pray for Gwen as she has the daily job of being his nurse. Pray for me as I visit Jo Xi Phu. I don't have the relationships there like I do in Sarawat, so am not sure how to go about getting the language and culture. Also pray for me as I make a trip to Sarawat. Pray for Wendy and the kids as I will be away for several days. 


ジョージと彼の健康のために祈ってください. 彼の絶え間ない健康上の問題と弱点は落胆させられるに余りありますが、彼は励まされ、諦めていません. 彼がすることは非常に多くの仕事があり、彼は必死にそれをしたいと思っていますが、体力とエネルギーがありません. グエンが看護師としての日常の仕事がうまくゆくように祈って下さい. ジョー・サイ・プーに行っている間の私のために祈って下さい. そこは、サラワットのような人間関係がないので、言語と文化を学ぶ方法がまだ分かりません. 私がサラワットに旅をする時にも、祈って下さい. 私が数日間離れている間、ウェンディと子供たちのために祈って下さい.

<4f: Attached Picture 3/3>

(左の二人がジョージとグエン夫妻.)

 

04f 300 RAM03 

 

 

 


 In Him,
主の身許で

Richard, Wendy, Megan and Caleb

リチャード、ウェンディ、メグン、カレブ

 

 


 

 

 

##

幼児、子供、小学、中学、高校~成人対象

習熟度別・実用英語教室・LLシホヤ新井教室!

無料体験レッスン常時受け付け中!

 

お気軽にお問い合わせ、お申し込み下さいますようお願い申し上げます。

お電話、イーメールでのお問い合わせ(日本語、英語:OK) は、0255-72-2025 か、 メールにてお願いいたします。(個人情報保護機能付き.)

 

2018年度・募集要項は、HERE:ここを クリックなさってください。

最新の「LL Shihoya News」は HERE:ここを クリックなさってください。

 

 

 

 

 

 

##

Welcome to YEA of M-PEC「月例講座」!

The year of 2018 is the 12th Anniversary of M-PEC! 2018年度はお陰様で12周年!

(講座の1週間前までにブログや下記のサイトで)、活動過去記録等のご紹介は、Information of YEA : Yoshy’s Monthly English Activity, Records of “M-PEC” ( + Advance Billing is going to be written by a week before the DAY in both this Blog and the site below.), etc. by clickingHere:ここをクリックなさってください。

 

月例講座は、毎月第3土曜日です。

YEA is held on the 3rd Saturday every month.

 

初めての方大歓迎!年会費は徴収していません。資料代の500円のみ。

Welcoming to the first visitors, too! You pay 500 yen as a monthly material fee only.

1215(), Dec 15th (Sat) Lesson at 7:00-9:00 pmLL教室でお問い合わせとお申し込みは1213()までにお電話、イーメールでのお問い合わせ (日本語、英語:OK) は、For inquiries by phone or e-mail in English or Japanese by Dec 13th0255-72-2025 or click メールにてお願いいたします。(個人情報保護機能付き:Personal data in this e-mailing is protected.)

 

 

 

 

 

 

 

Quiz: <今回は、英検2級レベルです.>

Cop 24」の “cop”って、どの略語? Which is correct for this abbreviation, ‘cop’? A: Conference of the Parties, B: Certificate of Proficiency, C: changeover point, D: copper

 


答えA: Conference of the Parties


A: Conference of the Parties = (The 24th) Conference of the Parties to the United Nations Framework Convention on Climate Change 正式省略名称:UNFCCC”:「締結国会議」「第24回・国連気候変動枠組条約」

B: Certificate of Proficiency:「修業証書」

C: changeover point:「切り替え地点」

D: copper cop [kp]:「警官」昔、「銅」製のバッジをつけていたことから. (諸説ありそうです.)

 

<9a: COP 24, in Poland, 2018: From Wikipedia>

 

09a 500 cop 24 2018 

 

 

 

 

<9b: Unbearable Heat: From Flickr>

Description: “The hottest ever decade, all over the world” from Coventry, England, UK

 

09b 500 unbearable heat 

 

 

 

 

 

 

ホームページ:www.shihoya.com の目次には、()志保屋書店、LL英語教室、Myoko Powerful English Club (M-PEC)、英語の雑学などたくさんの目次がございます。Would you mind clicking the above URL, Yoshy’s main Home Page? It includes lots of such interesting contents as Shihoya Bookstore, LL Shihoya Arai School, M-PEC, and Trivia in English, etc. 外部からの画像は、公開再使用許可済みのものです。These exterior pictures attached here are permitted to public for reuse. この拙い英訳ブログ作業はヨッシーの英語力精進と外国友人への近況報告のためです。常時、友人ネイティブ数名が検査して下さっておられ、誤表記の場合は即「訂正」記事を書いています。This poor translation into English is for both brushing up Yoshy’s proficiency and telling updates to my foreign friends. Yoshy’s several foreign friends are always checking this blog; wrong expressions found, an article of “Correction” has been uploaded here.

英文中、凡そ英検2級レベル以上の語彙や表現には、* (星印)で注釈をつけています。In this blog, Yoshy attaches * (asterisks) at the vocabularies and expressions whose levels are ca. Eiken 2nd and over, and writes explanation about them.

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Shihoya

Author:Shihoya

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク