FC2ブログ

RAM 051

LLシホヤ新井教室は、体験レッスン実施中!こども:幼児・子供~小学生を募集対象とした、妙高市の、実用英語教室・LLシホヤ新井教室は、実用英検取得に重点を置いて指導しています。5級~準1級学習までのクラスがございますので、中高生~成人の皆様も、ご相談ください。詳細はHERE:ここをクリックなさってください。

 

The Recent Yoshy’s © Websites for Language Instructors of English: 英語教師用お宝サイトご参照

M-PEC講座記録 (継続中)」⇒ Click HERE

「小学校英語の今後・20話:上越タイムス連載 (完成)」⇒ Click HERE

「百人一首英訳 (完成)、いろはかるた英訳 (完成)、等」⇒ Click HERE.

「野球英語・147 (完成)、等」⇒ Click HERE.

「掲示標識英語 (継続中)、場所の英語 (編集中)、等」⇒ Click HERE.

AUKラジオ講座Yoshy’s English Corner 276 (完成) 」⇒ Click HERE.

RAM: Rees Family’s Amazing Mission (継続中)」⇒ Click HERE.

TBW: Tim Beebe’s Haiku World (継続中)」⇒ Click HERE.

「山下佳恵先生詩集英訳 (継続中)」⇒ Click HERE.

「遠藤由明の、最近までの英語活動画像 (継続中) Click HERE & HERE

Why I Never Use Cellphone (Quotes: 1 video & 1 report.)」⇒ Click Here.

 

 

 

国内外の友人へ一言近況:Yoshy’s Brief Updates to my Friends at Home and Abroad

 

1223()10:30 am~ 新井聖書教会で恒例のクリスマス (キリスト生誕祭礼拝) Rと参加しました. 今年は珍しく、早津牧師さんの説教はなく、ゴスペル歌手の兼松弘子さんのゴスペルをたくさん (代表的な曲目は、下記英文中に.) 聞きました. 伴奏ピアニストは、米田 香さんでした.

側面のリンク、「Pastor Hayatsu’s Chapel(Dec 23)に、YouTubeがございます.

 

On Sunday, December 23rd, R and I as usual joined Xmas held at Arai Bible Church (Heaven’s Gate Chapel) from 10:30 to noon. Different from usual, we had no preaching by Pastor Hayatsu, but could listen to many Gospel Songs such as “His Eye Is the Sparrow”, “Christmas Truth”, “You Raise Me Up”, “How Great Is Our God”, etc. by a famous Gospel Singer, Ms. Hiroko Kanematsu. Her piano accompanist was Ms. Kaori Yoneda.

You can see and listen to the gospel (YouTube) by clicking “Pastor Hayatsu’s Chapel” (Dec 23) in the LINK.


<1a: 早津 栄牧師のご挨拶と、音楽ゲストのご紹介: Pastor, Hayatsu’s Greeting speech with introducing Today’s two guests.>

 

01a 500 20181223 Xmas 早津 栄さん挨拶 



 

<1b: 兼松様のゴスペルソング斉唱中: Singer Ms. Kanematsu’s Singing Gospels in Union with her piano accompanist, Ms. Yoneda. >

歌手の兼松さんは、自己紹介によると、柏崎の生まれとのこと. 「柏崎聖書学校」主催の、30年以上前の「英会話セミナー」に何回かご参加されたと聞きました…. 私と早津牧師 (当時は準牧師)さんとは、毎年参加していました と言うことは

 

The singer, Ms. Kanematsu, according to her self-introduction, was born in Kashiwazaki City; and she told us she had joined “English Seminar” a few times held by “Kashiwazaki Bible Institute” over 30 years ago. … Well, Pastor Hayatsu (an associate pastor at that time) and I joined there every year; so to speak …

 

01b 500 20181223 Xmas gospel singers 

 

 

 

 

<1c: English Seminar at Kashiwazaki Bible Institute on July, 22, 1982>

夏休み期間中の企画でしたから、柏崎近辺の女子高生が沢山参加していましたので、私とも多分あっていると思います. 下の写真の中に?-右奥が、今も文通しているTommy. (現在アラバマ州の会計事務所CEO.)

 

There were many SHS girl students around Kashiwazaki joining that event in summer holidays, so I guess she might have met me then. Is she in this picture below? The right in the row is Tommy, one of my friends; we’re now e-mailing. (He is CEO of an accounting company in Alabama.)

 

01c 500 19820722 Bible InstituteTommyYoshy 

 



 

<1d: English Seminar at Kashiwazaki Bible Institute on August, 17, 1983>

この中かな?兼松様、見覚えがあったら、ちょうだい!(☚クリック. )向かって右端は誰でしょう?-早津 栄牧師さん!お互いに若いですね.

これを含む、LLシホヤ新井教室を始めた1975年からの「私の青春時代の、野性的な英会話学習のスナップ」は、HERE:ここと、Here:ここをクリックなさってください.

 

Are you in here? Ms. Kanematsu, won’t you e-mail to me if you remember me? (Please click the active word above.) BTW, who is the right edge? Yes, he’s Pastor Hayatsu! He and I are still young in this picture.

“Yoshy’s wild learning English in my young ages” can be seen by clicking the sites above.

 

01d 500 19830817 Bible InstituteSakaeYoshy 

 

 

 


Riddle for Quick-Answer for Xmas: Xmas即答なぞなぞ

「クリスマスに限らず、いつも床に寝そべっているペット “What pet is always found on the floor not only in the season of Christmas?

答えは、すぐ下に!:Answer is right under here!

<3a: Fur dog: From tOrange.biz >

 

03a 300 fur dog 

 


 

👇

Hint: Not an animal, but … (動物じゃないよ)

👇

答え:

“Carpet” :カーペット

<3b: Pets on a carpet: From Pixabay>

 

03b 500 cats and dogs Xmas 

 

 

 

 

 

 

Quiz: クイズ: <今回は、英検2級レベルです.>

スマホの “Huawei” (ファーウェイ)CFOって何の略?」What does CFO stand for?

…答えは一番下にございます。Scroll down to the bottom to see this answer.

<3c: Social, Media, Manager, Online, Woman, Organization : From Max Pixel>


03c 500 woman on line 

 


 


 

 

 

🌙🌗🌑

リース家族の活躍・ご紹介 051

Rees Family’s Amazing Mission (RAM)

🌙🌗🌑

 

2018年現在、リース一家は、タイの奥地で現地住民と共に、様々な試練を乗り越えながら布教を展開しています. 私の旧友リチャードからの、当時の近況メールを通じて、一家を紹介するコラムです. メールが大量ですので、「さわり:読みどころ」だけを、 “The World of Richard Rees” in my HP に保存してゆきます. 遠藤の判断で、個人情報が含まれる部分は、「Omission:中略」として、省略する場合があります.専門用語の和訳は、Heaven’s Gate Chapelの早津 栄牧師 (Pastor Hayatsu Sakae) のご指導を受けています.  Dear Richard and Wendy; Hoping you could enjoy having a taste of slipping through time back to your staying in Arai. (和訳 by Yoshy)

 

 

051: <Quoted the e-mail from Richard and Wendy on Sep. 18, 2004>

051<リチャードとウェンディからのメール:2004918>

 

 

Since I had asked for prayer for my trip to Jo Xi Phu, I thot I should let you know how it went. It is kind of a *rambling tale, so if you have better things to do just skip down to the part about George. Thanks.

 

*ramble [rˈæmbl](vi) ぶらつく、漫然とする

 

私は、ジョー・サイ・プー村への旅のための祈りを求めてから、話がどのように展開したのか、書かせて下さい. 取り留めのない話になりますから、良ければ、(ずっと下にある) ジョージについての部分に、スクロールなさって下さった方が良いかも知れませんが.

 

 

BACKGROUND

背景・前書き

 

A few days before I wrote the last REES REVIEW we had some visitors from Jo XI Phu. I thot I would be going there the following day so I had George *lay a little groundwork and explain what I wanted to do. I wanted someone to help me who spoke some Thai. Of the two men visiting, one spoke Thai and the other man volunteered him to help me. For several reasons, I had already decided that that man wouldn't be that good of a language helper. I regretted that I had asked. The day after that day we decided that George needed to go to Chiang Mai. I ended up going to Bangkok instead of Jo Xi Phu. That turned out good because on that trip I was able to buy new tires for my motorbike. They were getting bald.

*lay a groundwork:基礎を敷く、たたき台を作る、根回しする < I laid the groundwork to make it easy to have LL students sing songs loudly in front of the audience.:「私は、LL生徒達が聴衆の前で大きな声で歌ってもらえるように、根回ししました. >

 

私が最新の「リースリビュー」を書いたその数日前に、ジョー・サイ・プー村から、数名の訪問者がありました. 私は翌日そこに行く予定でしたので、私はジョージに少し話のきっかけを作ってもらい、私がしたいことを説明してもらいました. 私はタイ語を話してくれる人が必要でした. 訪問した2人の男性のうちの1人はタイ語を話し、もう1人はボランティアとして私を助けてくれました. 様々の理由から、私は、二人目の人が言語ヘルパーに適さないとすぐに分かりました. 私は彼を頼んだことに後悔しました. その日の翌日、私達は、ジョージがチェンマイに行くべきだと決めました. 結局、私は、ジョー・サイ・プーの代わりに、バンコクへ行きました. その旅で、バイク用の新しいタイヤを買うことができたので、良かったです. タイヤは擦り切れていましたから.

 

 

TRIP TO JO XI PHU

ジョー・サイ・プー村への旅

 

The day after I wrote the REES REVIEW and asked for prayer, the weather was sunny. I got the bike out and drove headed out. For about half an hour the road is paved. Then comes the rough *bit. At first the road wasn't too bad. Then I started to hit mud puddles. Some fairly deep. Then I came to a steep uphill and steep downhill. The road was hard packed clay. I decided then and there that if I got caught in the rain I would be stuck and would not be able to get in to the village or back home until the road completely dried. After that was a *creek crossing. No problem. Then came a long flat *stretch with lots and lots of mud. 

*bit [bít](cn) 小片、欠片(かけら)  *puddle [pˈʌdl](cn) 水溜まり、捏ね土 (こねど)  *creek [kríːk](cn) 小川  *stretch [strétʃ](cn) 伸縮、広がり、一続き

 

リースリビューを書いて祈りをお願いした翌日は、良い天気でした. 私はバイクをやめて、車でまっしぐらに向かいました. 30分くらいの間は、道路は舗装されているのですが、その後は、デコボコ道です. 最初は、道路はそれほど悪くはありませんでした. その内、泥水を撥()ねるようになりました. 泥だまりが、かなり深くなって、それから急な上り坂と下り坂になりました. そこは、固く固まった粘土道でした. 雨に巻き込まれたら、道路が完全に乾燥するまで立ち往生して、村や家に帰ることができないことが分かりました. その後、小川にぶつかりましたが、難なく通過できました. それから、泥だらけの長い平らな道が続きました.

 

 

The grip on the tires would fill up and the back wheel would just spin at times. But I made it. Finally I arrived at a river. There is not way across. I parked the bike and crossed the river on a "monkey bridge". A "monkey bridge" is a bridge made of bamboo and vines going from tree to tree high above the river. I weigh about twice as much as the average Karen man and bamboo tends to *flex and bend when you walk on it. I hang on to the *rails and take it slowly. Not fun.  It is *a bit of a walk to Jo Xi Phu after crossing the river.

*flex [fléks](vi, vt) 曲がる <bend: 曲がる vs. flex: しなやかに撓(たわ)>  *rail [rail](cn) 手摺り、横木、柵、軌条  *a bit of:少しの (反語として) かなりの

 

タイヤの摩擦は限界近くになり、バックホイールは時々空回りしました. しかし、なんとか乗り切りました. 最後に川に出くわしましたが、横切る道がありません. 私はバイクから降りて、「猿の橋」で川を渡りました. 「猿の橋」とは、竹と蔓(つる)を、木から木にかけて作った橋です. 私の体重は、平均的なカレン族の男性の約2倍ですから、あなたがそこを歩く時には、曲がってしまったり、撓(たわ)んだりするでしょうね. 私は手摺りにぶら下がり、必死の思いで、ゆっくりと進みました. 川を渡った後、ジョー・サイ・プー村へは、かなりの時間、歩くだけでした.

 

<4a: A Monkey Bridge「猿の橋」: Attached Picture, No. 1/2nd:添付画像>

 

04a 300 20040918 01 scenary 

 


 

LANGUAGE LEARNING

語学学習

 

At the bridge I met a friend named Baika. He used to live in Sarawat, but has moved to Jo Xi Phu to teach the people about God. He would make a good language helper but he speaks almost no Thai. He was one of the guys that was at our house and volunteered his friend. I followed him to one of the houses and we went in. Baika's wife and two small children were there. I learned that the other man (who I didn't really want to study with) was away at another village. With the help of some others who spoke some Thai, I was able to work with Baika to get some language that relates to eating preparing and eating *betel nut

*betel [bíːl] nut:ビンロウジュ(檳榔樹)

 

橋で、友人のバイカに会いました. 彼はサラワットに住んでいましたが、村人に神について教えるために、ジョー・サイ・プー村に引っ越していたのです. 彼は、良い言語ヘルパーには、なれるのですが、タイ語がほとんど分からないのです. 彼は私達の家にいて、彼の友人に奉仕活動をしてくれていました. 私は、彼の後について一軒の家に行き、二人で入りました. バイカの妻と、小さな子供たちが二人、そこにいました. 他の人達(私が一緒には勉強したくなかった人達)が、別の村に行ったことを知りました. いくつかのタイ語を話す他の人の助けを借りて、バイカと協力して、檳榔樹(ビンロウジュ)の実の食べ方に関するいくつかの言葉を覚えることができました.

 

<4ba: A ripe areca nut. 「熟した檳榔樹(ビンロウジュ)の実」: From Wikipedia>

 

04ba 500 ripe Betel nuts 

 

 

 

 

<4bb: Betel nuts (Areca nuts) vendor on the island of Hainan, China, Jun, 2010:「中国、海南省の島での、檳榔樹(ビンロウジュ)売り」: From Wikipedia>

Description: “Areca [əˈriːkə] nut vendor with red mouth from areca consumption preparing betel leaves.”:「檳榔樹の葉を準備しながら、実を食べて口を赤くしながら売っています.

 

04bb 500 Betel nuts vender 


 

 

 

 

I also recorded some conversations and phrases to listen to and study at home. I was invited to eat the noon meal at that house and returned home encouraged. Thank you all of you who prayed. When I got home I listened and did some *drilling with the recordings that I took. I also took pictures of the different betel nut related objects. That way I could bring them up on the computer and see what I was listening about.

*drill [dríl] with ~~で反復練習する

 

私は、家で聴いたり勉強したりするための会話文や語句を、録音しました. 私はその家で昼食に誘われ、その後、帰宅しました. 祈って下さった皆さん、ありがとうございました. 私が家に帰った時、録音を聴き、反復練習しました. 私はまた、さまざまな檳榔樹(ビンロウジュ)関連の写真を撮りました. それらの写真をパソコンに保存しておけば、私が何を聞いたのかが分かりますから.

 

 

THE NEXT TRIP

次の旅

 

The next two days it rained. I stayed home and worked on things there. The 15th was Megan's birthday and we all had a great day. On the 16th it was bright and sunny again. *Off to Jo Xi Phu I went. This time I had figured out some technique for driving on the mud and it went better. To take a verse out of context "*Pride cometh before a fall". Would you believe it, the hand rails on the "monkey bridge" were gone!!  It was not an enjoyable crossing, and I did not fall either.

*off to= to, toward:~へ  *Pride cometh before a fall”: ()「驕(おご)れる者、久しからず」☚『プライドの高さが、落ちる前にやってくるものだ.


次の2日間は雨でした. 私は家にいて、目につく雑事に取り組みました. (9) 15日はメグンの誕生日でした. 私達は、素晴らしい一日を過ごしました. 16日は、再び明るく晴れました. 私は、又ジョー・サイ・プー村へ行きました. 今回は、泥の上での運転技術をいくつか考え出していました.「驕れる者、久しからず.」あなたはそれを信じますか?「猿の橋」の手摺りはありませんでした!それは楽しい川渡りからは程遠くてでも、落ちませんでした.

 

<4c Megan's Birthday: Attached Picture, No. 2/2nd:添付画像>

 

04c 300 20040918 02 Megan cake 

 

 

 

 

 

At one of the first houses that I came to, there were some young men playing a checkers type game. I got them to teach me how to play, but didn't do so well. I then did some language learning with them using the different objects that they use to make cigarettes. From there I went to Baika's house. He had visitors and we sat around and talked. It wasn't structured language learning, but I did record some good stuff and was building relationships. Again, the other man was not available to help. They fed me rice and fish for lunch and then it started to look like it would rain. Back across the rail less Monkey Bridge (I did mention to someone that I am afraid when I cross those bridges. Maybe they will take the hint and make new rails) and the *slick muddy trails to home. I *managed to beat the rain.

*slick [slík](vt, a) 滑らかにする、髪の毛をてかてかさせる、すべすべした  *manage to do:なんとか~する

 

私が中に入った最初の家では、若い男性がチェッカータイプのゲームをしていました。遊び方を教えてもらいましたが、うまくできませんでした. 私は、タバコを作りながら使っている、さまざまなタバコの材料の言葉を、いっしょに手伝いながら、学習しました. その家から、バイカの家へ行きました. 彼の家には訪問者がいて、私達は、円座になって話しました. 体系化された言語学習ではありませんでしたが、良い言葉をいくつか録音し、人間関係を深めました. 前述した通り、もう一人の男性は、私の言語学習には向きませんでした. 彼らは私に昼食のために米と魚を与えてくれました. 雨が降り始めたようでした. 帰り道は、手摺りのない猿の橋に:(私は、橋を渡ることを恐れていると書きましたが、多分彼らは、考えて、新しい手摺りを作るでしょう.)滑りやすい泥の小道でしたが. なんとか、雨に打ち勝って帰宅出来ました.

 

<4d: Cf. 参考まで:Morris game (a checkers type game): This picture is from Wikimedia Commons.>

 

04d 500 checkers type game 

 

 

 

 

 

Today I really looked like it would rain, so I *got to doing other things. It didn't rain. Tomorrow I really want to get back in there. One of the men from Sarawat is hiking out to Jo Xi Phu and I want to meet up with him. He was planning to come to town and work with George on getting some literature put together, but George is in Chiang Mai. We will see what we can do between Wendy and her knowledge of Karen, me and the bit I know about computers and George via cell phone.

*get to~~に着手する

 

今日私は、雨が降りそうな気がしましたので、他のことをすることにしました. でも、雨は降りませんでした. 明日は、又、村に戻りたいです. サラワット族の男性の一人がジョー・サイ・プー村へハイキングをしていますから、彼と会いたいです. 彼は町に来てジョージと翻訳の仕事をする予定だったのですが、ジョージは、チェンマイにいるのです. ウェンディと彼女のカレン語の知識、そして、私のちょっとしたコンピューターの知識と、携帯電話を使ってのジョージの知識で、何ができるかが自ずと分かることでしょう.

 

 

GEORGE

ジョージ (ウェンディの父上)

 

I talked to George this afternoon. He had been in for his check up and had three liters (about three quarts) of fluid drained off. He also had some blood tests and everything looks fine except for the liver. The doctor is strongly advising George to get a liver transplant. With George being 60, he probably wouldn't be too high on the list for getting a new liver. More than that, if George were to get a transplant, he would have to leave Thailand and would probably not be able to come back. There are still Karen that need to hear the truth and George does not believe that his job is over. He does not see leaving Thailand for good as an option. 

 

私は、今日の午後ジョージと話をしました. 彼は検査のために入院していて、3リットル(約3クォート)の腹水を抜きました. 彼は更に、血液検査も数回受けた結果、肝臓以外の内臓は大丈夫だということでした. 医師はジョージに肝臓移植を受けるよう強く勧めています. ジョージが60歳の時には、おそらく新しい肝臓を譲り受けるための優先順位リストでは、可能性は高くありませんでした. 今ならしかし、それよりも、ジョージが移植を受ける場合、彼はタイを離れる必要があり、おそらく戻ってくることができないでしょう. 神の言葉を聞く必要があるカレンの人々がまだいて、ジョージは、自分の仕事が終わったとは思っていません. 彼は、タイを去ることが良い選択肢だとは考えていないのです.

 

 

The doctors have run out of solutions. As George said to me today, the only solution left is a miracle from God. I said, "In that case, let's get the word out and get people praying". So, please pray for George. He is feeling fairly strong and he is in good spirits. His biggest problem is the water buildup. When he has that, he gets gas pains that are very painful. He also loses all motivation to exercise or do anything. 

 

医師には、もう解決策は他にありません. ジョージが今日私に言ったように、唯一の解決策は、神からの奇跡です. 私は、「こんな場合、言葉を声に出して、人々に祈ってもらいましょう.」と言うしかありませんでした. だから、ジョージのために祈って下さい. 彼はかなり精神力が強く、平常心でいます. 彼の最大の問題は、腹水が溜まることです. その折、非常に苦痛なガスの痛みがあります. しかも、身体を動かすなど、悉くやる気を失います.

 

 

Thank you for being a part of church planting among the Karen.

In Him,

Richard, Wendy and kids

 

カレン族の中で、教会の一部を根付かせて​​下さり、ありがとうございます.
主の身許で、
リチャード、ウェンディと子供達

 

 

<4e: Christmas Pine Candle: From Pixabay>

“Wishing George would be fine!” (Yoshy who is coming back to this past time.)

 

04e 500 Xmas pine candle 

 

 

 

 

 

 

##

幼児、子供、小学、中学、高校~成人対象

習熟度別・実用英語教室・LLシホヤ新井教室!

無料体験レッスン常時受け付け中!

 

お気軽にお問い合わせ、お申し込み下さいますようお願い申し上げます。

お電話、イーメールでのお問い合わせ(日本語、英語:OK) は、0255-72-2025 か、 メールにてお願いいたします。(個人情報保護機能付き.)

 

2018年度・募集要項は、HERE:ここを クリックなさってください。

最新の「LL Shihoya News」は HERE:ここを クリックなさってください。

 

 

 

 

 

 

##

Welcome to YEA of M-PEC「月例講座」!

The year of 2019 is the 13th Anniversary of M-PEC! 2019年度はお陰様で13周年!

(講座の1週間前までにブログや下記のサイトで)、活動過去記録等のご紹介は、Information of YEA : Yoshy’s Monthly English Activity, Records of “M-PEC” ( + Advance Billing is going to be written by a week before the DAY in both this Blog and the site below.), etc. by clickingHere:ここをクリックなさってください。

 

月例講座は、毎月第3土曜日です。

YEA is held on the 3rd Saturday every month.

 

初めての方大歓迎!年会費は徴収していません。資料代の500円のみ。

Welcoming to the first visitors, too! You pay 500 yen as a monthly material fee only.

119(), Jan 19th (Sat) Lesson at 7:00-9:00 pmLL教室でお問い合わせとお申し込みは117()までにお電話、イーメールでのお問い合わせ (日本語、英語:OK) は、For inquiries by phone or e-mail in English or Japanese by Dec 13th0255-72-2025 or click メールにてお願いいたします。(個人情報保護機能付き:Personal data in this e-mailing is protected.)

 

 

 

 

 

 

 

Quiz: クイズ: <今回は、英検2級レベルです.>

スマホの “Huawei” (ファーウェイ)CFOって何の略?」What does CFO stand for?

 


答え*CFO = Chief Financial Officer

*CFO:最高財務責任者

 

<9a: Kalakaua in Japan「ハワイ国王を囲んで」, 1881 = 明治14年:This picture is from Wikimedia Commons.>

“Front row (l-t-r): Lt. Gen Imperial Prince Higashifushimi Yoshiaki; King Kalākaua of Hawaiʻi; and Sano Tsunetami, Japanese Minister of Finance.
Back row (l-t-r): Col. Charles Hastings Judd, Kalākaua's aide; Tokunō Ryōsuke, Japanese Finance Ministry Printing Bureau Director; and William Nevins Armstrong, Hawaiian immigration commissioner and Kalākaua's aide.”

「前列左から、帝国陸軍中将 東伏見宮嘉彰親王、ハワイ王国 カラーカウア国王大蔵卿 佐野常民. 後列左から、国王侍従兼侍従武官 チャールズ・ジャッド合衆国陸軍大佐、大蔵省印刷局長 得能良介、王国司法長官兼移民局長官ウィリアム・アームストロング.

 

09a 500 ハワイ国王in Japan 





財務大臣は、内閣の「最高財務責任者」と言えるのかな?」

“Could we call the Minister of Finance “CFO” in the cabinet?”

 

 


 

 

 

 

 

ホームページ:www.shihoya.com の目次には、()志保屋書店、LL英語教室、Myoko Powerful English Club (M-PEC)、英語の雑学などたくさんの目次がございます。Would you mind clicking the above URL, Yoshy’s main Home Page? It includes lots of such interesting contents as Shihoya Bookstore, LL Shihoya Arai School, M-PEC, and Trivia in English, etc. 外部からの画像は、公開再使用許可済みのものです。These exterior pictures attached here are permitted to public for reuse. この拙い英訳ブログ作業はヨッシーの英語力精進と外国友人への近況報告のためです。常時、友人ネイティブ数名が検査して下さっておられ、誤表記の場合は即「訂正」記事を書いています。This poor translation into English is for both brushing up Yoshy’s proficiency and telling updates to my foreign friends. Yoshy’s several foreign friends are always checking this blog; wrong expressions found, an article of “Correction” has been uploaded here.

英文中、凡そ英検2級レベル以上の語彙や表現には、* (星印)で注釈をつけています。In this blog, Yoshy attaches * (asterisks) at the vocabularies and expressions whose levels are ca. Eiken 2nd and over, and writes explanation about them.

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Shihoya

Author:Shihoya

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク