FC2ブログ

Eiken Mail Magazine 163:Swan

2021.03.07.23:49

🌞 LLシホヤ新井教室は、体験レッスン実施中!文科省は、LL英語の目標の一つ: アクティブ・ラーニング” (他教科や社会への関心と、問題意識を持てること!) を推進しようとしています. 幼児・子供~小中高校生、成人募集対象として、入門+5級~準1級学習までのクラスがございます

👇

🌞 NEW!!! 2021年度の、募集要項はHere;ここをクリックなさってください.

 

The Latest Yoshy’s © Websites for Language Instructors of English:

英語教師用お宝サイト

 

Active Learning’s Topics: アクティブ・ラーニングの種》

M-PEC講座ご案内&記録 (継続中)」⇒ Click HERE

🏫「小学校英語の今後・20話:上越タイムス連載 (完成)」⇒ Click HERE

💑「百人一首英訳 (完成)、いろはかるた英訳 (完成)、等」⇒ Click HERE.

「野球英語・147 (完成)、等」⇒ Click HERE.

😲「掲示標識英語 (継続中)、場所の英語 (編集中)、等」⇒ Click HERE.

📻AUKラジオ講座Yoshy’s English Corner 276 (完成) 」⇒ Click HERE.

RAM: Rees Family’s Amazing Mission (継続中)」⇒ Click HERE.

TBW: Tim Beebe’s Haiku World (継続中)」⇒ Click HERE.

「山下佳恵先生詩集英訳 (継続中)」⇒ Click HERE.

👨「遠藤由明の、最近までの英語活動画像 (継続中) Click HERE & HERE

🚫Why I Never Use Cellphone (Quotes: 1 video & 1 report.)」⇒ Click Here.

 

🙇 LLシホヤ新井教室・新入生募集ご案内」🙇 Click Here.

 

 

0255*72*2025  E-mail toshihoya@symphony.plala.or.jp

 

 

<0a: 👻Today’s Amabie by Yoshy

 

00a 600 amabie104



 


👆

Description (From Wikipedia): An amabie appeared in Higo Province (Kumamoto Prefecture) according to legend, around the middle of the fourth month, in the year Kōka-3 (mid-May 1846) in the Edo period. A glowing object had been spotted in the sea, almost on a nightly basis. The town's official went to the coast to investigate and witnessed the amabie. According to the sketch made by this official, it had long hair, a mouth like bird's bill, was covered in scales from the neck down and three-legged. Addressing the official, it identified itself as an amabie and told him that it lived in the open sea. It went on to deliver a *prophecy: "Good harvest will continue for six years from the current year; if disease spreads, draw a picture of me and show the picture of me to those who fall ill and they will be cured." Afterward, it returned to the sea. The story was printed in the kawaraban (woodblock-printed bulletins), where its portrait was printed, and this is how the story *disseminated in Japan.

*prophecy [prάfəsi](un) 予言  *disseminate [dɪséməɪt](vt) 意見を広める

伝説によれば、江戸時代の弘化3年(18465月中旬)に、肥後の國(現在の熊本県)にアマビエが現れました. ほぼ毎晩、輝く物体が海で発見されました. 町の役人は海岸に行って調査し、アマビエを目撃しました. この役人が描いたスケッチによると、それは長い髪、鳥のくちばしのような口が首から下にうろこで覆われ、三本足でした. それは、役人に向けて、自分がアマビエであると言い、外海に住んでいると伝えました. そして、預言を伝え続けました:「豊作は現在の年から6年間続く. 病気が広がったら、私を描いて病気になっている人に私の姿を見せれば、病人は治癒する. ―そう言って、海に戻りました. この話は、瓦版(版画版の新聞)に掲載され、肖像画も印刷されていました. このように全国に流布してゆきました. (和訳:遠藤由明)

 

 

----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

最新LLシホヤ新井教室レッスンスナップ整理中です:

The latest lesson-snaps of LL Shihoya Arai School are being selected.


<0b: Game for GA: What’s missing in alphabetical order?>

 

00b 500 20131017 GA アルファベットGameWhatMissing

 

 

 

 

----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

国内外の友人へ一言近況:

Yoshy’s Brief Updates to my Friends at Home and Abroad


<1a: 5歳児K君のタランチュラ2号設置方法解説付き:5 y-o boy, K’s marvelous work, Tarantula with his manual of the way to decollate it!>

 

01a 600 210302 K_Tarantula

 

 

 

 

<1b: Good late morning, Ka-ko (L) and Washi-kun (R)! Taken on March 7>

 

01b 600 210307 Kako Washi

 

 

 

 

----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

国内友人向け・💎お宝ニュース:

Treasure News to my old friends in Japan



<1c:「猿橋小学校校庭での飛行機飛ばし」“Enjoying flying rubber-power toy planes at the playground of Saruhashi Elementary School” in 1960 (S 35); from 郷土出版社>

Yoshy’s note:

💎工作用模型飛行機が流行っていた時期でした. 志保屋書店から納品した飛行機です. 右奥の山頂に、猿橋城(上杉謙信が武田信玄来襲に備えた「狼煙城(のろしじろ: a beacon castle for sending information of Takeda Army’s attacking)」です.)

💎稲架(はさ: the rack for drying rice)が見えます. 当時の小中学校では、稲刈り時季は、大人を手伝うために「秋休み」と称して、1週間ほど休校でした. 多分、この「お遊び」は、労を労(ねぎら)う為の、校長の粋な計らいだったと思います.

 

01c 600 1960 S35 猿橋小校庭 飛行機飛ばし


 

 


 

----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

Quiz: Quick-Answer from Trendy Words:

こんなに沢山「会議」の英語がぁ (-.-) 流行語クイズ

 

3月7日、「京都コングレス: Congress」が開幕!:

 

「ミーティング: meeting」、「カンファレンス: conference」、「シンポジウム: symposium と、どこが違うの

 

答えは、すぐ下に!:Answer is right under here!


<3a:ご参考FYI: Chess congress, Ormskirk England 2005; Created: 27 July 2006; From Wikipedia>

 

03a 500 chess congress

 

 

 

 

👇

 

答え:

 

👇

 


💎シンポジウム: symposium」: 討論する人々とは別に聴衆がいて、基本的には討論する人々で話を進めるが、聴衆参加の質疑応答の時間もある討論会。

 

💎「カンファレンス: conference」:定期的に開かれる協議会というイメージが強いです.

() 私に父がお世話になっている介護施設では、当家で、定期的に容態説明と要望聴取のカンファレンスがあります.

 

💎コングレス: congress」:米国の連邦議会の意味があります. 何か政治的な響きを感じます. つまり、色々な分野の、その代表者が集う会議、会合、評議会.

 

💎ミーティング: meeting」: 集会(人が集まってお話)全般. 上記の物も含みます. 話をするのが目的でなくてもミーティング.

Ex.

“a medical meeting: 医学会”, a coffee fans meeting: 珈琲愛好者の集い,etc.

 

<3b: ご参考FYI:  Hattori Hanzo and the Ninjas-2016.05.05: 囲み取材(Door-stop Interview)を受ける家康と忍者隊の面々@愛知県名古屋市・名古屋城; From Wikimedia Commons>

 

03b 500 囲み取材 忍者


 

 

 

 

----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

Quiz: <今回は、英検3級レベルです.>

 

招かれて、友人の家へ行った時、喉が渇いていたので、家族の人に

“I want something to drink”:「なんか、飲み物が欲しいです.

では、ぶっきらぼうで、失礼ですね.

👇

さて、どう言ったら、上品になるでしょうか?


 

…答えは一番下にございます。Scroll down to the bottom to see this answer.



<3c: ご参考FYI: “No Food or Drink in the Library” by Enokson
; bia Flickr>

 

03c 600 No food or drink in the library

 


 

🌙🌗🌑

Eiken Mail Magazine vol.163
英検メールマガジン

🌙🌗🌑

 

<今回は、英検準2級レベルです.Level = Pre-2 of Eiken>

**********

さて、このメールマガジン執筆者は、「実用英検問題を作成なさっておられる優秀な先生」だと思いますので、ヨッシーにとっても、このブログの読者にとっても、英文表現の良いお手本になることでしょう。感謝申し上げます。和訳と注釈はヨッシーです。

 

The writer of this Eiken Mail Magazine, I guess, must be “an excellent staff making tests of Eiken, English Testing by STEP: The Society for Testing English Proficiency”. So this essay would be a good example for both my blog readers and me. Thank you very much.

Translation by YoshyYoshiaki Endo

 

 

**********************************************************

■■ Eiken Mail Magazine vol.163 March 2021 ■■
■■ 日本英語検定協会:  http://www.eiken.or.jp ■■
**********************************************************

A few days ago, I read a news article about some swans around Lake Biwa that had started to depart on their northbound journey back to Siberia. Whooper swans and tundra swans are two of the species spotted in Japan. Every winter, thousands of these birds migrate here, a trip of over 3,000 kilometers. More than 500 places in Japan are reported to host these winged visitors, and Lake Biwa is known as one of the southernmost locations. This article reminded me of a spot not too far from my home where I enjoyed watching swans years ago, so I decided to go and see them again before they left for their homeland. Realizing time was of the essence, I quickly grabbed my camera and set off in my car.

 

 

数日前、琵琶湖周辺の白鳥が北上してシベリアに戻る旅を始めたというニュース記事を読みました. オオハクチョウとツンドラ白鳥は、日本で見られる種です. 毎年冬になると、これらの鳥の何千羽もが、ここに移動して、3,000キロメートル以上の旅をします. 日本では500以上の場所がこれらの翼のある訪問者を受け入れていて、琵琶湖は、最南端の場所の1つとして知られています. この記事の所為で、白鳥を見るのが好きだった私は、彼らが故郷に向かう前に会いに行くことにしました. 時機が切迫していることに気づき、私はすぐにカメラを手に取り、車に乗り込みました.


<4a: “Young whooper swans with parents at Stawinoga ponds, Poland

Dariusz Kowalczyk; 「若いオオハクチョウと両親」From Wikipedia>


04a 500 オオハクチョウ

 

 

 


Almost all the wild swans in Japan are migratory and spend only winters here. On the other hand, the UK has approximately 32,000 resident swans all year round in addition to migratory species. The resident swans are predominantly mute swans, which have a distinguishing black knob on their beaks. For this reason, they are known as kobu-hakucho in Japanese. Mute swans thrive throughout much of the UK, including around the northern islands, coastal harbors, and inner-city London.

 

 

日本のほとんどすべての野生の白鳥は渡り鳥です. 冬だけを過ごします. 一方、英国には渡り種に加えて、年間を通じて約32,000羽の白鳥が生息しています. 常在する白鳥は、主にコブハクチョウで、くちばしに黒い瘤(こぶ)があります. このため、日本語では「コブ白鳥」と呼ばれています。コブハクチョウは、北の島々、沿岸の港、ロンドンの都心部など、英国の多くの地域で繁殖しています.

 

 


Since the 12th century, all the swans in open waters across the UK have been the property of the Crown, except for the ones owned by a small number of exclusive organizations. The Queen’s Swan Marker is an official role that involves protecting the swans’ welfare. In July, this person organizes an annual event on the River Thames called Swan Upping. In this ceremony, swans are rounded up, caught, ringed, and then released in order to monitor their health and measure the size of the population. At the end of the event, the participants stand on their
*skiff boats and offer a royal toast, saying, “Her Majesty the Queen, *Seigneur of the Swans.” What a quintessentially British ceremony!

 

*skiff [skíf](cn) 一人で漕ぐ小さな舟  *seigneur [sɛˈnjɝ](cn) 領主

 

12世紀以降、少数の独占的な組織が所有する白鳥を除いて、英国中の外洋に生息するすべての白鳥は皇室の所有物でした. 「女王の白鳥マーカー」は、白鳥の福祉を保護することを含む公式の役割です.  7月に、この名誉ある担当者は、テムズ川で「スワンアッピング」と呼ばれる毎年恒例のイベントを開催します. このセレモニーでは、白鳥の健康状態を監視し、個体数を測定するために、白鳥を捕獲し、目印の輪をつけてから放します. イベントの最後に、参加者は小舟に乗って、「白鳥の君主、女王陛下」と言って、王室の繁栄を祈念するのです. なんとも典型的な英国式ですこと!




After a one-hour drive through Saitama, I finally got to the place where I hoped to see some swans. The large group of photographers and birdwatchers on site was a promising sign, and beyond them in the distance, I was lucky to see around 50 tundra swans. Some were floating gracefully on the calm water, some were flying in search of prey, and others were curled up on the sunny beach. While taking some photos, I quietly wished them a safe flight home and hoped we would be able to meet again next year.

 

 

 

埼玉を1時間ドライブした後、ようやく白鳥を見たい場所にたどり着きました. 敷地内の写真家やバードウォッチャーの大規模なグループの存在は、ここが有望な適地である兆候で、遠くにいる彼らの向こうには、約50羽の「ツンドラ白鳥」を見ることができて幸運でした. 穏やかな水面に優雅に浮かんでいるのもいれば、獲物を求めて飛んでいるのもいれば、太陽が降り注ぐビーチで丸まっていたものもいます。写真を撮りながら、無事に目的地に到着できることを静かに願い、来年もまた会えることを願っていました。

 


<4b: “Swan Upping beginning at Sunbury Lock.” – By geograph.org.uk; via Wikipedia>


04b 500 Swan Upping

 



=============
英検協会から重要なお知らせ
=============

2021
年度より英検のCBT方式を「英検S-CBT」に統合いたします
http://mpse.jp/eiken/c.p?02cMkU54OME

2021
4月より、IELTS for UKVIの実施を開始
http://mpse.jp/eiken/c.p?12cMkU54OME


 

 

 

----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

##

幼児、子供、小学、中学、高校~成人対象

習熟度別・実用英語教室・LLシホヤ新井教室!

無料体験レッスン常時受け付け中!

🙇The year of 2021 is the 47th Anniversary of LL! 2021年度はお陰様で47周年!

 

👇

🌞 2021年度の、募集要項はHERE:ここをクリックなさってください.

 


通年・常時、ご説明させていただいています;お気軽にお問い合わせ、お申し込み下さいますようお願い申し上げます.

お問い合わせ(日本語、英語:OK) は、0255*72*2025 か、 メーにてお願いいたします. 👈 (e-mail個人情報保護最新機能付き.)

 

 



##

Welcome to YEA of M-PEC「月例講座」!

🙇The year of 2021 is the 15th Anniversary of M-PEC! 2021年度はお陰様で15周年!

 

(講座の1週間前頃、ブログや下記のサイトで)、活動過去記録等のご紹介は、Information of YEA : Yoshy’s Monthly English Activity, Records of “M-PEC” ( + Advance Billing is going to be written by a week before the DAY in both this Blog and the site below.), etc.by clickingHere:ここをクリックなさってください.

 

月例講座は、毎月第3土曜日です。

YEA is held on the 3rd Saturday every month.

 

どなたも大歓迎!年会費は徴収していません.毎回の資料代= 3,000 (税込み)

Welcoming to the first visitors! You pay 3,000 yen as a monthly material fee only.

320()7:00-9:00 pm @ LLシホヤ新井教室:The 162nd M-PEC月例講座を準備してお待ち申し上げます。中高生以上、年齢不問で資料代は3,000円:

ご出席のご返事は、318()までにお電話0255*72*2025 or メール (👈 e-mail個人情報保護最新機能付き:Personal data in this e-mailing is protected.)にてお願いいたします. 英語でも受け付けています.

 

Next YEA (Yoshy's English Activity) of M-PEC is going to be held at LL Shihoya Arai School on Sat, March 20th from 7:00 to 9:00 pm. Please look forward to it. YEA is available to all ages from J/S high school students. Material fee is 3,000 yen.

Please reply to confirm your participation by Thursday, Feb 18th by email or phone (0255 *72 *2025) to Yoshy. English is available. Thank you.

 

M-PEC講座ご案内&記録 (継続中)」⇒ Click HERE

 

💑受講者が10名以上に定着しましたら、市民向け「英語劇」を復活させます!

When it comes to the number of 10 and over M-PEC students will constantly join us, as I had promised you, “an English Play for Myoko Citizens” sure will be performed!

 

 

 

 

 

----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

Quiz: <今回は、英検3級レベルです.>

 

招かれて、友人の家へ行った時、喉が渇いていたので、家族の人に

“I want something to drink”:「なんか、飲み物が欲しいです.

では、ぶっきらぼうで、失礼ですね.

👇

どう言ったら、上品になるでしょうか?

 

 

答え

 

色々ありますが、ぶしつけにならない代表的な表現をご紹介

👇

 

Can I have something to drink?

 

 

<9a: “Laugh-Out-Loud Cats #641 Taken on December 12, 2007by Ape Lad; From Flickr>

“You are not supposed to eat that part. It’s a *garnish.”

「それ、食べられないと思うよ.

*garnish [gάɚnɪʃ]:料理などの付け合わせ、妻(つま)、飾り

 

09a 500 a garnish

 

 

 

 

 

ホームページ:www.shihoya.com の目次には、()志保屋書店、LL英語教室、Myoko Powerful English Club (M-PEC)、英語の雑学などたくさんの目次がございます。Would you mind clicking the above URL, Yoshy’s main Home Page? It includes lots of such interesting contents as Shihoya Bookstore, LL Shihoya Arai School, M-PEC, and Trivia in English, etc. 外部からの画像は、公開再使用許可済みのものです。These exterior pictures attached here are permitted to public for reuse. この拙い英訳ブログ作業はヨッシーの英語力精進と外国友人への近況報告のためです。常時、友人ネイティブ数名が検査して下さっておられ、誤表記の場合は即「訂正」記事を書いています。This poor translation into English is for both brushing up Yoshy’s proficiency and telling updates to my foreign friends. Yoshy’s several foreign friends are always checking this blog; wrong expressions found, an article of “Correction” has been uploaded here.

英文中、凡そ英検2級レベル以上の語彙や表現には、* (星印)で注釈をつけています。In this blog, Yoshy attaches * (asterisks) at the vocabularies and expressions whose levels are ca. Eiken 2nd and over, and writes explanation about them.

スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

Shihoya

Author:Shihoya

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク